“Microsoft Loves Linux / OSS”は本当か?(吉田行男 氏)

プライム・ストラテジー株式会社 2019年08月21日

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「“Microsoft Loves Linux / OSS”は本当か?(吉田行男 氏)」を公開しました。

###

Microsoft社は、2019/05/06にWindows10でLinuxバイナリを実行する技術である「WSL (Windows Subsystem for Linux)」の最新版となる「WSL 2」を発表しました。
WSL 2の 特徴
 「WSL 2」の最大の特徴は、仮想マシンでLinuxカーネルが動作する本物のLinux環境であるということです。従来からのWSLはLinux実行環境をLinuxカーネルではなくLXCore という「サブシステム」が作り出していました。
それによりカーネルへのファンクションコールをWindowsカーネルへのファンクションコールに変換して動作しています。対して最新版の「WSL 2」では専用の仮想マシン環境である「Light Weight utility Virtual Machine」(軽量ユーティリティーVM)を使い、ローカルパッチ(Microsoft社による独自パッチ)を当てたLinuxカーネルバイナリを動作させ、仮想マシン内にLinuxの実行環境を作ります。

これによりDockerやFUSE(Filesystem in Userspace)の導入が可能になります。すでにMicrosoft社はこの「WSL2」に組み込むLinuxカーネルのソースコードをGitHubで公開しています。
このカーネルは最新のLTSであるLinux4.19をベースにいくつかのパッチを当て、最小限のデバイスサポートで起動時間の短縮やメモリ使用量の最小化など「WSL2」が性能を発揮できるように最適化されたものになります。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]