編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

元スカパー・カスタマーリレーションズ出水啓一朗氏、弊社パートナー就任 ―コンタクトセンターの顧客接点改革により日本企業のデジタルシフトを加速―

株式会社デジタルシフトウェーブ

From: DreamNews

2019-09-03 09:00

株式会社デジタルシフトウェーブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鈴木康弘)は元株式会社スカパー・カスタマーリレーションズ社長の出水啓一朗氏を、2019年9月よりパートナーとして迎えました。

 現在、世界では社会の大きな変化とITの劇的進化が同時進行で起き、本格的な情報化への移行、デジタルシフトが急速な勢いで進んでいます。日本においてもデジタルシフトの波は目前まで迫っており、流通、金融、自動車、メディア、製造業、医療などあらゆる業界で、多くの企業がこの波に乗り遅れないように改革に取り組み始めています。それと同時に、デジタルシフトにより、人々のライフスタイルや価値観も大きな変化を見せています。

 弊社は、「デジタルシフトで、新しいビジネスの波を」をビジョンに掲げ、デジタルシフトを目指す企業の経営者、事業責任者、システム責任者に寄り添い、経営改革支援や業務改革支援、システム改革支援により多様な業界におけるデジタルシフトを成功に導いてまいりました。

 今回パートナーに就任される出水啓一朗氏は、株式会社スカパー・カスタマーリレーションズにおいて、「スマート・コンタクトセンター」プロジェクトにより次世代の顧客接点改革を強いリーダーシップにより牽引してこられました。そのプロジェクトにおいて、弊社代表の鈴木康弘がアドバイザーとしてご支援させていただく中で、出水氏の真のカスタマー・エクスペリエンスをお客様にお届けすることへのあくなき追求と情熱に深く共感いたしました。今後は弊社パートナーとして一緒に日本企業のデジタルシフトをさらに加速させるべく新たな波を起こしてまいります。



出水啓一朗氏プロフィール
1974年信越放送入社。2003年WOWOW常務取締役、2006年スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現スカパーJSAT)執行役員常務、2009年同社取締役執行役員専務兼マーケティング本部長を経て、2011年スカパー・カスタマーリレーションズ代表取締役社長に就任。2019年6月同社退任。

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社デジタルシフトウェーブ 管理部 広報担当 五味
(リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]