編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パラ水泳/オフィシャル公式マスコット

一般社団法人パラスポーツ推進ネットワーク

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-04 14:00

2019年10月4日

一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟

パラ競技団体初の試み!
もっと近くにパラ水泳がある!
連盟公式マスコット“パラッシー”が大活躍!
 ① パラッシーLINE スタンプ 
 ② パラッシーオリジナルグッズ
 ③ パラッシーフォトフレーム 
8 月11 日(日)よりオープン!

一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟(理事⾧ 和田行博)は、連盟の公式マスコットである
“パラッシー”を起用したプロモーション展開を開始しました。
“パラッシー”を通じて大会や、イベント等において選手及び来場者とのコミュニケーションを
さらに強くし、パラ水泳をもっと身近なものに感じていただくきっかけになることを期待しています。
今回のアイテムは3つ。
1、老若男女問わず人気のLINE スタンプ
2、缶バッジ、マスキングテープ等5つの「パラッシーオリジナルグッズ」販売
 ※(大会などの会場及びECサイトにて)
3、どこでも撮れる、送れる「パラッシーフォトフレーム」サービス
オリジナルキャラクターでのプロモーション展開は、パラ競技団体では初の試みとなります。
いよいよ1 年後に迫った東京パラリンピックに向けて、連盟では、パラ競技を取り巻く「する人」
「観る人」「支える人」、全ての人たちが”パラッシー“を通じて一体感が生まれることも期待しています。 
それぞれのアイテムの詳細や問い合わせは、下記のとおりです。 

(アイテム詳細)  (リンク »)
(問い合わせ)  一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟 渉外・広報担当
          (リンク »)  



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]