編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

障がい者が働ける「わーくはぴねす農園」10月30日(水)本格開始オープニングセレモニーのご案内

株式会社エスプール

From: 共同通信PRワイヤー

2019-10-21 17:00

10月21日

株式会社エスプールプラス

政令指定都市との初の連携10月30日(水)より開始、
障がい者が働ける「わーくはぴねす農園」をさいたま市に開設
オープニングセレモニーのご案内


報道関係者様各位

(株)エスプールプラス(本社:東京都千代田区)では障がい者の就労を目的とした企業向け貸し農園ソーシャルファーム「わーくはぴねす農園」をさいたま市にプレオープンし、10月30日より本格的に運営を開始します。本農園は岩槻区内に新設され、さいたま市との包括的な連携協力のもと、広さ約12,000㎡の土地に新設され105名の障がい者と、障がい者をサポートする人員として、近隣シニアの方35名の雇用が新しく生まれています。

2020年3月末には国の定める障がい者の「法定雇用率」が2.2%から2.3%に引き上げとなる予定であり、企業は障がい者を雇用することで、どのように自社の発展に役立てるかが注目されています。このような状況下、本農園は野菜づくりを通じて、企業従業員の健康向上などに役立て、障がい者雇用と企業の発展につなげています。

当日の式典ではさいたま市長 清水 勇人氏をはじめ、地元選出の市議会議員、同農園で働く障がい者や雇用主である企業様が参列し、また近隣住民の皆様も招待します。


「わーくはぴねす農園」は今回の開園によって全国で17箇所が稼働することとなり、これまで既に1400名以上の
障がい者雇用を実現しています。本さいたま市内の農園は、関東エリア内で最大規模を誇る規模となっています。

報道関係者の方々は12時30分より受付開始します。
【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】

[エスプールプラスについて]
[会 社 名] 株式会社エスプールプラス(エスプール100%出資子会社)
[所 在 地] 東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル17階
[設    立] 2010年6月
[代 表 者] 社長 執行役員 和田 一紀
[資 本 金] 5,500万円
[株   主]   株式会社エスプール(東証一部2471)
[事業内容] 障がい者雇用支援事業(障がい者専用の企業向け貸し農園の運営)

[農園へのアクセス]
【画像: (リンク ») 】
【画像: (リンク ») 】

                       





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]