編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

akippa、台風19号のボランティア向けに駐車場の無償貸し出しを決定

akippa株式会社

From: PR TIMES

2019-10-21 18:05

~ご協力いただけるボランティアセンターを募集~

この度の台風19号で被害にあわれた方およびご親族、ご関係者の方々には心よりお見舞い申し上げます。
駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は令和元年の台風19号にて特に深刻な被害を受けられた方々の復興支援のため、被災地を訪れるボランティアの方々がakippa駐車場を無償で使えるクーポンの配布を決定しました。
なお、本取り組みにご協力いただけるボランティアセンターを通じての配布を予定しており、協力いただけるボランティアセンターは本日より募集を開始いたします。




[画像: (リンク ») ]

台風19号による災害の発生から1週間強が経過しましたが、地域によってはボランティア向け駐車場の不足や移動方法の課題などから、ボランティアの状況に課題があると言われています。

そこでakippaは、主に被災地以外の場所からボランティアに向かう方を対象に、駐車場の提供を行うことにしました。
akippaは、「”なくてはならぬ”をつくる」をミッションとし、「世の中の困りごとを解決する」ことをビジョンに掲げています。

また、駐車場予約アプリ『akippa』のブランド・プロポジションを以下のように定義しています。

PARK UP. anytime anywhere.
「会いたい」をつなぎ、みんなを元気にする。
いつでもどこでもPARKできるアプリ。


「PARK UP」には、
PARK :駐車、人が集まる場所
PARK UP:車などを停める
PERK UP:人を元気づける
といった複数の意味を込めています。

akippaは本取り組みを通じて、ボランティアの方々や、被災地の方々ひとりひとりの「会いたい」を駐車場で繋げます。

■概要

内容:
akippaは、ご協力いただけるボランティアセンターを募集します。そのボランティアセンターを通じて、全国からボランティア活動に訪れる方を対象に駐車場を無償で使えるクーポンを発行いたします。

申し込みは以下のフォームより受付いたします▼
(リンク »)

提供方法:
akippaのクーポンコードの配布

クーポン利用対象者:
本取り組みにご協力いただけるボランティアセンターにてボランティアを行う方(※)

ボランティアへの参加をお考えの方は、各ボランティア団体のホームページなどでボランティア募集の状況などの情報を随時確認したうえで参加をしてください。

期間:
明日10月22日(火・祝)より2週間

利用方法:
akippaサイトより、予約してご利用いただけます。
予約の際には、配布されたクーポンコードを必ず入力してください。
(リンク »)

ご利用の上でのご不明点お問い合わせ先:
akippaサポート窓口
(リンク »)

※ボランティアで駐車場をご利用いただいた方には、akippaからオウンドメディアにてインタビューをお願いする可能性があります。

■akippaとは

契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスです。誰でも簡単に駐車場をシェアできます。
2019年9月現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる駐車場拠点数累計3万拠点を確保しており、会員数は150万人を突破しました。
(リンク »)

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】

akippa株式会社 広報グループ(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]