編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

インフラエンジニアはクラウドもできないと生きていけない時代へ

KCCSキャリアテック株式会社

2019-12-04 08:00

吉政忠志氏のコラム「インフラエンジニアはクラウドもできないと生きていけない時代へ」がKCCSキャリアテックで公開されました。 初心者向けのコラムです。興味がある方はご覧ください。
##
実は私はSOHOルーター市場で20年間シェア1位を続けているヤマハ・ルーターのマーケティング支援もしています。
インフラについても多少知見があります。
そのヤマハがついに仮想ルーター「vRX」を発表しました。

ルーターはどのルートを通って通信するかといった通信を制御する通信機器であり、企業のネットワークにはほぼ100%設置されているハードウェアです。
ルーターといえば、ほぼ100%近くがハードウェアでした。ルーターのトップベンダーであるヤマハが仮想ルーターを出したことで、もともとクラウドへのシステム移行が進んでいることもあり、仮想ルーターが市場に普及していくように思えます。

今後はインフラエンジニアもクラウドに強くないと仕事にならない時代になると思います。これからインフラエンジニアを志す方もクラウドは触っておいた方がいいです。
といってもクラウドもたくさんありますよね。ここで個人的な意見を申し上げます。
25年間、マーケティングをしてきた経験から言いますと、どの市場も生き残るのはトップ2までといわれています。
現在のシェアはというと以下になっています。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]