編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

神田外語学院英語専攻科1年生のサーゲート真亜春さんがU19クリケットワールドカップ日本代表に選ばれました

神田外語大学

From: Digital PR Platform

2020-01-07 02:05




神田外語学院(東京都千代田区/学院長:糟谷幸徳)の英語専攻科1年生、サーゲート真亜春(マーカス)さん(所属:千葉県山武市/千葉シャークス・クリケットクラブ)が、U19クリケットワールドカップ日本代表に選ばれました。南アフリカにて開催されるU19クリケットワールドカップ2020に日本代表チームキャプテンとして、前回優勝国のインド、ニュージーランド、スリランカと予選リーグを戦います。日本代表のクリケットワールドカップ出場は、男子・女子・ジュニアを含め、史上初。U19日本代表チームはオーストラリアのブリスベンにて事前強化合宿を行い、本戦を見据えた練習試合を行うなどワールドカップに備えます。




◆ICC CRICKET WORLD CUP SOUTH AFRICA 2020
【期 間】2020年1月17日(金)~2月9日(日)
【場 所】南アフリカ共和国
【参加国・地域】
 アフガニスタン、オーストラリア、バングラディシュ、イングランド、インド、ニュージーランド、パキスタン、南アフリカ、スリランカ、ジンバブエ、ナイジェリア、カナダ、アラブ首長国連邦、日本、スコットランド、西インド諸島
【日 程】 (リンク »)

◆クリケットとは
 クリケットは、英国、オーストラリア、インド、南アフリカ、西インド諸島などの英連邦諸国を中心に大人気で、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位といわれる。特にインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュなどの南アジア諸国では、圧倒的な人気を誇り、トップ選手の年収は30億円を超える。( (リンク ») )

◆神田外語学院 英語専攻科1年 サーゲート真亜春(マーカス)さん
 両親が地元にクラブチームを作ったのがきっかけで、小学校4年生からクリケットを始めました。クリケットは世界だと競技人口が世界2位ですが、日本ではまだまだマイナー競技です。自宅のある千葉県から練習場のある栃木県佐野市まで約4時間かけて毎週土日に通って練習しています。高校1年生から日本代表には選ばれていまして、2019年から設置されたU19の枠でも日本代表になりました。今回、私は日本代表キャプテンとして、南アフリカで同グループのインド、スリランカ、ニュージーランドと試合します。どれも強豪国ですが、試合では日本らしさ、日本のクリケットの強みを見せつけたいと思っています。


※神田外語グループから配信されるプレスリリースはSDGsに基づいた教育環境充実の一環としてUD(ユニバーサルデザ
イン)フォントを導入しています。
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人佐野学園 法人本部広報部
関根
住所:千代田区内神田2-13-10
TEL:03-3258-5837 (平日 9:30~17:00)
FAX:03-5298-4123
メール:media@kandagaigo.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]