編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ホームサイズペットボトル飲料※1への採用は国内初!

味の素AGF株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-07 15:00

「ブレンディ®」ボトルコーヒーなどの梱包資材に人手不足対応・環境配慮型段ボールを採用

2020年1月7日
味の素AGF株式会社

 味の素AGF株式会社(以下、AGF 代表取締役社長:品田英明)は、レンゴー株式会社(大阪府大阪市 代表取締役会長兼社長:大坪清)および王子コンテナー株式会社(東京都中央区代表取締役社長:伏野裕)協力のもと、AGFのホームサイズペットボトルコーヒーおよびインスタントコーヒー袋(業務用を除く)に、人手不足対応・環境配慮型段ボール「SRP(シェルフ・レディ・パッケージ)」を採用し、2020年2月より全国で順次導入します。
 近年、小売店において、パート・アルバイト人員の不足が慢性化しており、社会課題となっています。
 このたびAGFが採用する「SRP」は、比較的少ない力での開封が可能で、従来品に比べ1箱あたりの開封時間が約10秒短縮され、小売店の現場で最も時間を要する商品陳列の時間短縮など、従業員の労働負担軽減に繋がります。さらに「SRP」は、これまで段ボールを開けやすくするために使用されていた内側のプラスチックテープを使用しないため、年間約3.4tのプラスチック使用量削減に貢献しています。全国の梱包資材(段ボール)における「SRPのシェアは、現在約3%ですが、今後の拡大によりさらなる労働負担の軽減とプラスチック使用量の削減が期待できます。
 AGFは、AGF®-SV※2の一環として、小売店の現場で課題となっている人手不足の解消と資材に使用されているプラスチック使用量削減の実現を目指します。
※1 ナショナルブランドの900mlサイズ以上のペットボトル飲料
※2 AGF®SharedValue:事業活動を通じた、社会価値(「ココロ」と「カラダ」の健康、「人と人とのつながり」、地球環境との共生)の創出への取り組み

 
【従来品】                  【SRP】
【画像: (リンク ») 】   【画像: (リンク ») 】
段ボール内側にある白いプラスチックテープ      プラスチックテープは使用せず、ミシン目を
を利用して開封する設計               利用して簡単に開封できる設計

 

◆従来品と「SRP」との比較動画は下記よりダウンロードできます。
 URL: (リンク »)

【SRP導入概要】
 ・時期:2020年2月下旬より順次導入
 ・主な対象商品:
 「ブレンディ®」ボトルコーヒー
 「ブレンディ®」インスタントコーヒー袋
 「マキシム®」インスタントコーヒー袋 など  
【画像: (リンク ») 】

【SRPの開封方法】

【画像: (リンク ») 】

 

【従来品との比較】※AGF調べ
【表: (リンク ») 】

 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]