編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

いつでも全てのスポンサーとともに!XPANDコード/QRコード経由でユニフォームからスポンサーリストを呼び出せる「XPANDスマートスポンサーシップ」開始!

XPAND株式会社

From: DreamNews

2020-01-14 12:30

XPAND株式会社(東京都中央区銀座、代表取締役社長 南木 徹)が開発・運営する空間リンク「XPANDコード」。元々交通や公共空間用として開発されたツールですが、最近ではスポーツ分野での活用が始まっています。
その一環として、1月14日に「XPANDスマートスポンサーシップ」を開始しました。
(リンク »)





1.XPANDスマートスポンサーシップ
ユニフォームや用具を情報発信の起点に。これが「XPANDスマートスポンサーシップ」です。

ユニフォームや用具に貼られたXPANDコード/QRコードを読み取ると、スマートフォンでスポンサーリストを表示します。
既存の企業スポンサーはもちろん、小企業や個人でも「ユニフォームスポンサー」になることができるため、より広い層にとって支援の動機づけになります。
これによって、プレーヤーの資金調達を後押しすることができます。
プレーヤーの側にとっても、資金面のサポートだけでなく、常に「支援者とともにある」ということが、強いモチベーションにつながります。
XPANDコードの場合は、その場での読取りだけでなく、雑誌や SNSに掲載された写真の中のものも読み取れるため、二次的・三次的効果も期待できます。





(1)XPANDスポンサーシップPro
CF(クラウドファンディング)でスポンサーやサポーターを集める場合に適したプランです。
活動資金の調達と、チームの認知度向上を図りたい、プロやトップアマを想定しています。
スポンサーリスト表示用として、WordPressのアカウントが1つ提供されます。

募集形態と費用
・自らCFサイトで募集する場合:
 月額5,500円(1年契約)

・当社がCFサイトでの募集を企画するなど活用を支援する場合:
 獲得金額の10%か66,000円の多い方(1年契約)





(2)XPANDスポンサーシップStarter
知人友人をスポンサーやサポーターとするなど、必ずしも資金調達を目的としない場合に適したプランです。
エンジョイ型や学生のプレーヤーを想定しています。

募集形態と費用
・無料
 ※当社ではサポートを行いませんので、ご自身で設定・運用を行うことが前提です






2.XPANDコードについて
公共交通サインの多言語化・個別最適化といった課題解決のために産まれ、スポーツへの活用も始まった空間用リンクが「XPANDコード」。
「第3のバーコード」(日刊工業新聞)として注目されています。
(リンク »)
(リンク »)

当社は、世界最大級のスポーツ用品見本市「ISPO Munich 2020」に東京都が設ける「東京パビリオン」出展社としても選ばれています。
(リンク »)
(リンク »)

XPANDコードを無料で作成できるサイト「XPANDコードジェネレーター」もオープン。
国内外で利用が始まっています。
(リンク »)


【XPAND株式会社 概要】
社名:XPAND株式会社(エクスパンド)
本社所在地:東京都中央区銀座6-6-1 銀座凮月堂ビル5F
本店登記地:埼玉県東松山市
事業内容:空間リンク「XPANDコード」及び関連商品・サービスの開発・運営・販売
設立年月日:2017年9月19日


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]