編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

2020年全国生活習慣病予防月間スローガン 「多動」川柳の優秀賞決定!

日本医療・健康情報研究所

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-16 09:00

2020年1月16日

一般社団法人 日本生活習慣病予防協会

毎年2月は「全国生活習慣病予防月間」。2020年は「多動」(元気に動いて健康づくり)にフォーカスし、様々な啓発活動を行います。

2020年全国生活習慣病予防月間スローガン「多動」川柳の優秀賞決定!

一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・宮崎滋)は、毎年2月を全国生活習慣病予防月間と定め、集中的に情報発信を行っています。
2020年のスローガンは、当協会が標榜する健康習慣である一無二少三多(無煙・禁煙、少食、少酒、多動、多休、多接)より「多動」(元気に動いて健康づくり)です。毎年恒例のスローガン川柳の優秀賞が決定いたしました。
ご家族や職場で、また、全国の自治体、医療機関、企業、健保組合、学校、介護施設、関連団体など健康増進事業に携わられている方々の健康啓発にお役立ていただけることを願っております。
運動とがん、生活習慣病をテーマにした市民講演会も参加者募集中です。

----------------------------------------------------------------------------------
【全国生活習慣病予防月間事業ご案内】

■「全国生活習慣病予防月間2020」スローガン川柳最優秀賞が決定

【最優秀賞(5万円)】

・四輪を 2本の足に ギアチェンジ
(山形県・81歳・キンモクセイ)

【優秀賞(5000円ギフトカード)】

・運動は 健康寿命の パスポート
(埼玉県・61歳・とみクルーズ)

・歩(ホッ)歩(ホッ)歩(ホ) 歩いて笑って 元気出す
(福岡県・71歳・元希)

・革靴を スニーカーにした 通勤日
(兵庫県・66歳・コレットG)

佳作賞は、当協会ホームページにてご覧ください。

<「全国生活習慣病予防月間2020」スローガン川柳最優秀賞が決定!> (リンク »)

----------------------------------------------------------------------------------
■スローガンポスター、リーフレットは無料でダウンロード可能です

2020年スローガンを使用したポスター、リーフレットは1月23日(「一無二少三多」の日)より当協会サイト「生活習慣病予防 お役立ちツール」で公開します。当協会のスローガンのポスター、リーフレットも無料でダウンロード可能です(非営利目的限定)。ぜひ、ご活用ください。

<生活習慣病予防 お役立ちツール> (リンク »)

----------------------------------------------------------------------------------
■運動とがん、生活習慣病をテーマに市民講演会を開催。参加者募集中!

2月5日(水)・日比谷コンベンションホールにて、「多動で生活習慣病・がん予防」をテーマに開催します。
講師の田中 喜代次先生(筑波大学名誉教授)は「健幸華齢(Successful Aging)」の生みの親。津金 昌一郎先生は、わが国のがん予防の第一人者です。
皆さまお誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい!

【開催概要】
日程:2020年2月5日(水) 13:30~15:45(開場13:00)
会場:日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)
   最寄り駅:日比谷線 内幸町、丸ノ内線 霞が関駅より
対象:一般の方など180名
参加:無料
参加申し込み:こちらの専用フォームからお申込みください。
www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2019/010065.php
締め切り:定員となり次第締め切ります。

【プログラム】
司会進行挨拶 
 海原 純子 先生(日本医科大学 特任教授)
開会挨拶    
 宮崎 滋 先生(日本生活習慣病予防協会 理事長)
講演1)「生活習慣病の効果的な予防策~運動を中心に考える~」
 田中 喜代次 先生(筑波大学名誉教授) 
講演2)「運動でがん予防」
 津金 昌一郎 先生(国立がん研究センター社会と健康研究センター センター長)
総合討論
 演者:和田 高士先生(日本生活習慣病予防協会副理事長)、田中 喜代次先生、津金 昌一郎先生、村田 正弘先生
 座長:宮崎 滋先生
閉会の挨拶   
 村田 正弘先生(NPO法人セルフメディケーション推進協議会会長) 

■共 催
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会、公益財団法人 がん集学的治療研究財団、NPO法人 セルフメディケーション推進協議会

■後 援
厚生労働省、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、公益財団法人 日本糖尿病財団、公益財団法人 循環器病研究振興財団、公益社団法人 アルコール健康医学協会、公益財団法人 8020推進財団、一般社団法人 日本肥満学会、一般社団法人 日本肥満症予防協会、一般社団法人 日本サルコペニア・フレイル学会、一般社団法人 日本臨床内科医会、一般社団法人 日本産業保健師会、一般社団法人 日本くすり教育研究所、NPO法人 日本人間ドック健診協会、九州ヘルスケア産業推進協議会、糖尿病治療研究会、日本健康運動研究所 ほか
----------------------------------------------------------------------------------

■昨年開催の講演会レポート
(リンク »)

■全国生活習慣病予防月間とは
一般社団法人日本生活習慣病予防協会(理事長・宮崎 滋)は、生活習慣病予防に対する国民の意識向上と、これによる健康寿命の伸長を目指すべく、毎年2月を「全国生活習慣病予防月間」と定め、平成23年より行政、自治体、関連団体、企業、健保組合、メディア等と連携し、啓発に努めております。
(リンク »)

■1月23日は『一無、二少、三多の日』
生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が発症・進行に関与する疾患群」と定義されます。喫煙、飽食、大量飲酒、身体活動・運動不足、不十分な休養、ストレス過多等改善のために、当会では健康標語『一無、二少、三多(いちむにしょうさんた)』の健康習慣を提言して参りました。平成29年に1月23日を『一無、二少、三多の日』として記念日登録し、認知を広めております。
(リンク »)

■一般社団法人日本生活習慣病予防協会とは
当協会は、生活習慣病の一次予防を中心に、その成因、診断、治療、リハビリテーションに関する知識の普及啓発、生活習慣病に関する調査研究を行うことにより国民の健康の増進に寄与することを目的に、2000年に設立され、2020年で設立20周年を迎えます。2012年より公益性を高めるため一般社団法人化。役員は、医師を中心に構成。20周年を記念して、ホームページをリニューアル。
(リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]