編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

オルツ 「AI GIJIROKU」の有料アカウント登録が1万件を突破しました。

株式会社オルツ

From: 共同通信PRワイヤー

2020-07-01 10:34

2020年7月1日

株式会社オルツ / 株式会社オルツテクノロジーズ

オルツ 「AI GIJIROKU」の有料アカウント登録が1万件を突破しました。

オルツグループ(株式会社オルツ及び株式会社オルツテクノロジーズ、本社:東京都港区六本木、代表取締役:米倉千貴、以下「オルツ」)の展開する「AI GIJIROKU(AI議事録 (リンク ») )」の有料アカウント登録数が1万件を突破しましたことをご報告いたします。



【画像: (リンク ») 】


【概要】
今年1月にリリースしました「AI GIJIROKU」の有料アカウント数が、6月末日をもって10,000アカウントの大台に乗りました。

現在、多くの企業がニューノーマル環境への対応を推進しています。急速に進むリモートワーク化もその一つと考えられますが、同時に、その急激な変化のため、新たな課題も生まれています。このことは、企業がDX(デジタル・トランスフォーメーション)にこれまで以上の速度をもって取り組みはじめている要因になっています。

当社の「AI GIJIROKU」は、会議の議事録をオルツのAI技術によってテキスト化するサービスですが、多くのパートナー様のご支援により、企業のDXを推進するツールとしてご活用いただくことができました。また、パートナー様から提示される各種業態の現場における課題にすばやく対応し続けることで、短期間での成長に繋げることができたと考えています。


【今後の取り組み】
これまでの段階では、企業へのスムーズな導入に最適化してまいりましたが、次のステージでは、同サービスの目指す「経営の見える化」を達成するための機能の実装を進めます。

最終的には、オルツの「AIカメラ」や「Nulltitude」などの他の製品群と連携することでDXからさらにその先の、スマートシティや人の拡張(P.A.I. ※ / AIクローン)の実現を目指してまいります。


■「AI GIJIROKU」パートナーに関するご相談はこちらまで
(リンク »)
株式会社オルツテクノロジーズ 営業 浅井
Emailアドレス:gijiroku@alt.ai


<「AI GIJIROKU(AI議事録)」プレスリリース>
(リンク »)

<「AI GIJIROKU(AI議事録)」公式サイト>
(リンク »)

<「AI GIJIROKU(AI議事録)」コンセプト映像>
(リンク »)


■ 株式会社オルツについて
社名  :株式会社オルツ
URL  : (リンク »)
所在地 :東京都港区六本木 7-15-7 SENQ 六本木 9F
代表者 :代表取締役 米倉 千貴
設立  :2014年11月
事業内容:P.A.I.(パーソナル人工知能)『alt(オルツ)』の研究、開発


■ 株式会社オルツテクノロジーズについて
社名  :株式会社オルツテクノロジーズ
URL  : (リンク »)
所在地 :東京都港区六本木 7-15-7 SENQ 六本木 9F
代表者 :代表取締役 米倉 千貴
設立  :2019年4月
事業内容:人工知能及び人工知能関連技術の研究・開発及びこれに関するサービスのコンサルティング・企画・開発・運営


※P.A.I.とは
「P.A.I.」とは、私たち自身の意思をデジタル化し、それをクラウド上に配置してあらゆるデジタル作業をそのクローンにさせることを目的としたAIです。「P.A.I.」はオルツの登録商標です。


<本リリースに関するお問い合わせ先>    
株式会社オルツ 広報 西澤
TEL:03-6380-7076
e-mail:press@alt.ai

<アライアンスに関するお問い合わせ先>    
株式会社オルツテクノロジーズ 営業 浅井
TEL:03-6380-7076
e-mail:gijiroku@alt.ai



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]