編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

なつかしくって、今また新しい。ファンシーグッズ黄金期を牽引したあのブランドがリバイバル!ついに復活する『OSAMU GOODS(R) PRODUCED BY DUSTY MILLER』

株式会社コージー本舗

From: PR TIMES

2020-07-01 16:00

7月4日(土)開始の『原田治展「かわいい」の発見』にて先行販売スタート!

株式会社コージー本舗(本社:東京都台東区 代表取締役社長 小林義典)は、1976年に、イラストレーター
原田治氏が手掛ける、ファンシーグッズシリーズ、OSAMU GOODS(オサムグッズ)を製造販売、1980年代~90年代にかけて女子学生を中心に一大ブームを巻き起こしました。この度、20年以上の時を経てOSAMU GOODSがPRODUCED BY DUSTY MILLERとして蘇ります。



[画像1: (リンク ») ]

■POPでキュート!OSAMU GOODSの誕生とブーム
OSAMU GOODSは1976年に誕生。イラストレーター原田治氏が描くキャラクターをグッズ化し、株式会社コージー本舗が製造販売しました。OSAMU GOODSのキャラクターたちは、全てイギリスの古謡「マザーグース」を題材に作られています。日本でもよく知られている、卵の「ハンプティダンプティ」のようなキャッチ―なモチーフが、原田治氏のイラストとデザインで、グッズとして世に出されました。当時発売された商品は、アイテムの決定から素材や形も含め、すべてのデザインを原田治氏が手掛け、その点数は4000点以上にも上りました。

海外製の雑貨のような色使いやハイセンスなデザインが話題になり、女子学生の間で一大ブームに。「持っているだけで大人っぽい」そんな、他のファンシーグッズとは一線を画す憧れのアイテムが、『OSAMU GOODS』でした。
<学校にOSAMU GOODSを持って行きたい!>
特に当時、「スクールバッグ」と呼ばれる布製のトートバッグや、LPレコードのサイズで作られたプラスチックバッグ「LPバッグ」、「ウォッシュタオル」や「ランチボックス」など、学校生活に活躍するグッズが人気でした。特に学校指定のバッグに「LPバッグ」や「スクールバッグ」を合わせて持つことが大流行。その人気の過熱ぶりに、一部の学校では禁止になったというエピソードもあるほどでした。
[画像2: (リンク ») ]



■復活を待ち望むファンの声に応え、販売へ
2019年7月13日~9月23日に世田谷文学館で、「原田治展」を開催。会期中は1日の来客数記録を塗り替える等、合計35,000人を超える方にご来場いただき、OSAMU GOODSのライセンス商品をお買い求めいただきました。
以前より、当時のグッズ再販の声を多数いただいており、ついにこの度ダスティミラー製のOSAMU GOODSを発売する運びとなりました。
[画像3: (リンク ») ]

■商品のご紹介
なつかしくって、今また新しい!この度、OSAMU GOODSがPRODUCED BY DUSTY MILLERとして、20年以上の時を経て蘇ります。POPでキュートな当時のデザイン性はそのままに、使用感を更に向上させてのリバイバル発売です。第一弾として「LPバッグ」、「ウォッシュタオル」の2アイテムをラインアップしました。

1.OSAMU GOODS LPバッグ 全4種 各300円   

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

LPレコードがすっぽり入るサイズのビニール製バッグ。裏面にはマザーグースの歌がデザインされている、80年代当時のベストヒットアイテムです。
・種類(左から):1. Jack(ジャック)2. Jill(ジル)3. Dog(ドッグ)4. Cat(キャット)
・サイズ:W36×H41cm
・素材:ポリエチレン
・原産国:日本
・発売日:2020年7月4日(土)清須市はるひ美術館『原田治展「かわいい」の発見』にて販売開始
※一般販売は未定。

2.OSAMU GOODS ウォッシュタオル 全4種 各1,000円

[画像6: (リンク ») ]


ハンカチより少し大きめのウォッシュタオル。OSAMU GOODSが得意とするアメリカンカルチャーを思わせるポップな色彩です。肌ざわりが良く安心の日本製。
・種類(左から):1. Jack(ジャック)2. Jill(ジル)3. Dog(ドッグ)4. Cat(キャット)
・サイズ:W34×H36cm
・素材:綿100%
・原産国:日本
・発売日:2020年7月中旬、清須市はるひ美術館『原田治展「かわいい」の発見』にて販売開始
※一般販売は未定。

■『原田治展「かわいい」の発見』概要
・会期:2020年7月4日(土)~8月30日(日)
・会場:清須市はるひ美術館
     〒452-0961
     愛知県清須市春日夢の森1番地 tel/052-401-3881 fax/052-408-2791
・開館時間:10:00~19:00 (入館は18:30まで)
・休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)
・観覧料:一般700円(600円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料
     ※( )内は20名以上の団体料金
・主催:清須市はるひ美術館
・後援:愛知県、愛知県教育委員会、中日新聞社
・協賛:株式会社ウェルカム・バスケット
・協力:コージー本舗、トムズボックス、パレットクラブ
・企画協力:世田谷文学館
・企画制作:コスモマーチャンダイズィング
・会場設計:五十嵐瑠衣
・アートディレクション:服部一成

■原田治プロフィール
OSAMU HARADA(1946-2016)
東京生まれ。多摩美術大学デザイン科卒業。
1970年「anan」創刊号でイラストレーターとしてデビュー。以後活動範囲は雑誌、広告に広がる。
1976年、マザーグースを題材として誕生したキャラクター「OSAMU GOODS」の制作をスタート、女子中高生の間で爆発的な人気を博した。現在、没後初の全国巡回展『原田治 展 「かわいい」の発見』を開催中。

OSAMU GOODS公式サイト
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]