編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

市から無料配付している燃えるごみ専用袋が新しく「40リットル」を選べるようになります

箕面市役所

2020-07-27 15:00

箕面市では、市指定の燃えるごみ専用袋(以下、「ごみ袋」とする)を、原則無料で配付しています。 ごみ袋は、世帯人数に応じて1年間に配付される総容量が決まっており、これまでは、20・30リットルの2種類から、市民がごみ袋の枚数の組み合わせを決めて受け取っていました。 これに加え、市民のニーズが高かった40リットルのごみ袋を、8月配付分より新たに選べるようにしました。
1.概要

箕面市では、家庭から出る燃えるごみを市指定のごみ袋で排出することとしており、ごみ袋を原則無料で配付しています。
ごみ袋は、世帯人数に応じて1年間に配付される総容量が決まっており、これまでは、20・30リットルの2種類から、ごみ袋の枚数の組み合わせを決めて受け取っていました(例えば、3人世帯の場合、20リットルを30枚と30リットルを100枚など)。
市は、ごみ袋の使用状況を把握するため、市民にアンケート調査を実施しました。その結果、市民のニーズが高かった40リットルのごみ袋を、8月配付分より新たに選べるようにしました。
※世帯人数に応じた1年間のごみ袋の総容量に変更ありません。


2.組み合わせの例と引き換え期間

(1)組み合わせの例(3人世帯の場合、総排出量は3,600リットル)

【旧組み合わせパターン】
・30リットル:120枚
・20リットル:30枚、30リットル:100枚
・20リットル:60枚、30リットル:80枚

【新組み合わせパターン】
・20リットル:10枚、30リットル:20枚、40リットル:70枚
・30リットル:40枚、40リットル:60枚
・20リットル:10枚、30リットル:60枚、40リットル:40枚
・30リットル:80枚、40リットル:30枚
・20リットル:40枚、30リットル:40枚、40リットル:40枚
・20リットル:20枚、30リットル:80枚、40リットル:20枚
・30リットル:120枚
・20リットル:40枚、30リットル:80枚、40リットル:10枚
・20リットル:30枚、30リットル:100枚
・20リットル:60枚、30リットル:80枚

※これまで3通りの組み合わせしかありませんでしたが、10通りの組み合わせから選べるようになりました。


(2)引換期間

令和2年8月1日(土曜日)から引き換え可能です。


■問い合わせ先
市民部 環境整備室
電話:072-729-2371(直通)

このプレスリリースの付帯情報

40リットルごみ袋

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]