編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

会議室、サイネージ等のビジネス用途に! 高解像度WUXGAと高輝度5,000ルーメン、軽量コンパクトでレンズシフト機能などを備え、設置性に優れたOptomaレーザープロジェクターZU506Tを新発売。

株式会社オーエス

From: DreamNews

2020-09-07 11:00

株式会社オーエス(本社:大阪、代表:奥村正之)は、Optoma(オプトマ)ZU506Tを2020年9月7日(月)より発売開始いたします。
ZU506TはWUXGA(1920×1200)の高解像度を持ち、明るさ5,000ルーメンの高輝度で、広い会議室でも対応できるスペックです。Optoma独自のDURACOREレーザー技術により、光学系を守る優れた防塵性(IP60)と最大30,000時間の長寿命光源を誇ります。本体質量5.5kgと軽量コンパクト設計に加え、4コーナージオメトリック補正や垂直レンズシフト、水平・垂直台形補正、1.6倍ズームレンズなど、正面投写が困難で設置環境に制約がある場所でも、使用目的に合わせて柔軟な設置が可能です。広い会議室や講堂の他、ポートレート投写(縦置きの投写)やプロジェクターの投写向きを上向き、横向き、下向きの360°に投写が可能、さらに24時間連続稼働ができる等、イベントでの映像演出やサイネージ用途にも適しています。4K HDR入力信号にも対応し、ダウンスケーリングして表示することも可能で、様々なシチュエーションに対応します。
さらに、AMX、Crestron、IP Link、Extron、PJ Link などのプログラムに対応し、LANネットワークシステムを構築することで、プロジェクター本体の制御が可能です。非圧縮のフルHDビデオ信号とオーディオ信号及び制御コマンドをネットワーク経由で信号を送ることが可能なHDBaseTを標準装備しています。
メンテナンスフリーで光源長寿命、設置性に優れるZU506Tは、企業の会議室の他、商業施設のイベント演出、ショップのサイネージなどあらゆるビジネスシーンで活躍が期待されるプロジェクターです。

■商品名:Optoma WUXGA DLP レーザープロジェクター ZU506T
■希望小売価格:オープン
■市場想定価格:36万円前後(消費税別)
■受注開始日: 2020年9月7日(月)
■出荷開始日: 2020年9月7日(月)
■製品ホームページ: (リンク »)
■ホームページ: (リンク »)





<<ZU506Tの主な特長>>
■ 高輝度5,000ルーメン300,000:1のハイコントラスト。
■ レーザー光源採用により、長寿命光源30,000時間。
■ 製品質量 5.5kg のコンパクト設計。
■ 光学系を守る高性能防塵機能。(防塵性能/IP60)
■ 24時間連続稼働が可能な高い信頼性。
■ 360度投写可能、ポートレート投写(縦置き投写可能)。
■ 設置の幅が拡がる垂直レンズシフト。(99%~107%)
■ 4点コーナー補正。
■ 1.6倍ズームレンズ。
■ 豊富な色域Rec.709を99%カバー。
■ AVミュート(完全なブラックアウト)が可能。
■ 10W×2のステレオスピーカー内蔵。
■ ノイズの少ない29dBの駆動音。
■ Full HD 3Dに対応。
■ 4K HDR信号をダウンスケーリングして表示可能。
■ HDBaseT標準装備。



<<ZU506Tの主な仕様>>
[型式]ZU506T
[JAN コード] 4942465024565
[投写方式] DLP(R)Technology
[表示素子] 0.67 型 DMD(1920x1200)※1
[画素数] WUXGA(1920×1200)
[アスペクト比] 16:10
[明るさ] 5,000 ルーメン
[コントラスト比] 300,000:1
[光源] レーザー(ユーザー交換不可)
[光源寿命] 30,000 時間(エコモード)
[投写距離] 1.09m(36型)~9.03m(300型)※2
[レンズシフト] マニュアル式垂直方向 下1% 、 上7%
[キーストン補正] 垂直±30°(手動)
[コンピューター信号]
4K UHD(3840 x 2160)、FHD、HD、WUXGA、SXGA+、WXGA+、WXGA、SXGA、 XGA、SVGA、VGA
[ビデオ対応信号]
Full NTSC、NTSC4.43、PAL、PAL-M、PAL-N、SECAM、SDTV(480i)、 EDTV(480p)、HDTV(720p、1080i/p)、4K
[入力端子]
HDMI(V2.0 HDCP2.2 最大4K HDR(3840x2160)/60fps / MHL 2.1) x1、HDMI (1.4a 最大FHD(1920x1080)/60fps/MHL 2.1) x1、VGA IN x2、MIC IN(3.5mmジャック)×1、AudioIN(3.5mmジャック)×1
[出力端子]
オーディオ(3.5mmジャック)×1、USB(1.5A)×1、トリガー(12V)×1、S/PDIF(光デジタルオーディオ出力端子)×1
[コントロール端子] RS-232C×1 、LAN(RJ-45)×1、USB(タイプ A)×1
[スピーカー] 10Wx2(ステレオ)
[3D 方式] Blu-ray 3D 対応※3
[騒音値] 29dB(エコモード)
[電源] AC 100V~240V(50/60Hz)
[消費電力] 321W(ブライトモード)
[待機電力] 0.5W 以下(エコモード)
[外形寸法] 374(W)×302(D)×117(H)mm
[製品質量] 5.5kg
[付属品] レンズキャップ、電源コード、リモコン、単4電池×2、取扱説明書(保証書付)

※1 DMD TM/DLP(R)テクノロジーの中核をなす半導体、デジタル・マイクロミラー・デバイス。半導体上に可動する極小のミラーが、ZU506T(1920x1200)の場合、230万個以上敷き詰められ、1秒間に9,000回というスピードで切り替えられて、ミラーに当たった光を反射して画像を再現します。
※2 投写距離は実際の距離と誤差のある場合があります。(許容誤差±5%)
※3 3Dを観るには、別途DLPリンクにはアクティブグラス(ZD302)が必要です。

≪製品に関するお問合せ先≫
株式会社オーエス コンタクトセンター 東京都足立区綾瀬 3-25-18
TEL.0120-380-495 FAX.0120-380-496 E-mail info@os-worldwide.com
接続できない場合には、次の番号をご利用ください。TEL.03-3629-5211 FAX.03-3629-5214

≪本ニュースに関するお問合せ先・ニュース発信者≫
株式会社オーエス 事業推進部 広報戦略課 土井 直行
東京都足立区綾瀬 3-25-18
TEL.03-3629-5356 FAX.03-5697-0990 E-mail n.doi@os-worldwide.com

株式会社オーエス 会社概要
名 称:株式会社オーエス (リンク »)
本 社:大阪市西成区南津守 6-5-53 オーエス大阪ビル
本 部:東京都足立区綾瀬 3-25-18 オーエス東京ビル
創 業:1953年4月
資本金:4608万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:
1. 各種スクリーン及びプロジェクターの研究開発、製造、販売、輸出入、施工
2. 映像、音響、ソフトウエア、プログラミング制御等の装置に関するシステム機器及びその周辺機器の企画、設計、製造、販売、輸出入、施工
3. 電気機器、電子機器、通信機器、映像機器、音響機器、情報機器、コンピュータ機器、教育機器、太陽光発電機・ 蓄電機等の企画、設計、製造、販売、輸出入、施工
4. イベントプロデュース、コンテンツ制作、ネット配信事業
5. 映像ソフト、音楽ソフト等の録画物、録音物及びコンピュータソフトの企画、設計、制作、販売、輸出入
6. 建設業
7. 不動産賃貸業
8. 上記に関連するソフトウエアの企画、設計、制作、販売、輸出入
9. 上記に関連する保守、メンテナンスの業務
10. 上記に関連する機器及びソフトウエアのレンタル業務
11. 前各号に付帯関連する一切の事業

≪関連企業≫
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市 (リンク »)
株式会社オーエスプラス e 本社:東京都足立区 (リンク »)
株式会社次世代商品開発研究所 本社:大阪府大阪市 (リンク »)
株式会社オーエスビー沖縄  本社:沖縄県中頭郡 (リンク »)
OSI CO., LTD. :香港 (リンク »)
奥愛斯商貿(北京)有限公司   :中華人民共和国 (リンク »)

≪日本総販売代理店≫
Optoma(台湾) / 世界トップクラスの DLP プロジェクターメーカー
Vogel's(オランダ) / フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア) / THX、ISF 公認のサウンドスクリーン


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]