編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

個人単位で測定するテレビ視聴やインターネット利用などの各種データの提供サービス「es XMP」を開始 〜効果的なマーケティングプランの立案から施策実行後の効果測定までを支援〜

株式会社ビデオリサーチ

From: Digital PR Platform

2020-10-01 14:20


株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡/以下「ビデオリサーチ」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)の共同出資会社である株式会社every sync(エブリシンク、以下「every sync」)は、ソフトバンクが募集した調査モニターのテレビ視聴やインターネット利用のデータの他、属性データや趣味などの詳細なプロフィール情報を提供するサービス「es XMP(クロスメディアパネル)」を、2020年10月1日から開始します。「es XMP」の販売は、ビデオリサーチおよびソフトバンクが担います。

「es XMP」は、ソフトバンクが募集した調査モニターのテレビの視聴やウェブサイトの閲覧、スマートフォン(スマホ)アプリの利用状況について、ビデオリサーチの技術により、テレビ番組別の視聴状況や曜日・時間帯別のアプリの利用状況、検索キーワードなど、さまざまな切り口でシングルソースデータを取得※して提供するサービスです。また、各調査モニターからアンケート形式で取得した年齢や職業、役職、同居家族などの属性データの他、食に対する考え方などの生活意識や好きなテレビ番組、動画配信サービスの利用頻度、関心のある商品やサービス、起床から就寝までの活動時間などの詳細なプロフィール情報を、ニーズに合わせて提供します。

※ シングルソースデータとは、同一の調査モニターから取得する複数のデータを指します。調査モニターが所有するテレビに専用の機器を設置していただく他、スマホに専用のアプリをインストールしていただくことなどにより、各種データを取得しています。

これにより「es XMP」を利用する企業は、プロフィール情報において特定の傾向がある調査モニターにターゲットを絞ってテレビやアプリの利用状況などを確認したり、テレビCMの視聴者が特定のウェブサイトに接触するまでの動線を確認したりすることができ、効果的なマーケティングプランの立案から施策実行後の効果測定に役立てることが可能です。また、各社のオリジナルのアンケートを調査モニターに行うことができ、自社のテレビCMを視聴した調査モニターの商品購入意欲がどのように変化したかなどを確認することができます。なお、「es XMP」のデータは、外部のデータ基盤との連携も可能です。

ビデオリサーチは、生活者のテレビ視聴とオンライン上での行動履歴をログベースで捉えたデータを基に、マーケティング活動を最適化するための提案を通して、テレビの多面的価値を表現するデータを提供します。
ソフトバンクは、「es XMP」で提供するテレビCMの視聴やウェブ広告の閲覧データと、ソフトバンクが保有するスマホの位置情報データを照らし合わせて、広告を閲覧した調査モニターの何割が来店したかなどのデータも、企業のニーズに合わせて提供します。また、ソフトバンクは、AI(人工知能)の活用経験がなくても容易に導入可能なAIマーケティングのパッケージサービス「マーケティングの効果測定」と「商品・サービスの需要予測」を提供しており、これらのパッケージサービスと「es XMP」を組み合わせることで、最適なマーケティング活動を提案していきます。

ビデオリサーチ、ソフトバンクおよびevery syncの3社は、「es XMP」の提供を通して、データ活用のニーズがますます高まるマーケティング分野で、企業の事業成長に貢献することを目指します。

「es XMP」の詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。
(リンク ») (ビデオリサーチのウェブサイト)
(リンク ») (ソフトバンクのウェブサイト)

※ 「es XMP」の販売データには、調査モニターの個人を特定するデータは含まれていません。



<「es XMP」のイメージ図>
(リンク »)


<調査モニターから取得するデータの概要>
(リンク »)
※1 性別や年齢、居住地域、所得、職業、家族構成などの人口統計学的データ
※2 価値観や趣味、嗜好、習慣などの消費者の心理学的特性データ



【株式会社ビデオリサーチ】
株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、日本国内で唯一テレビ視聴率データを提供する調査機関として1962年に設立されました。以来、日本国内におけるテレビ視聴率調査やラジオ聴取率調査をはじめとする各種メディアデータやマーケティングデータなど最先端のデータを提供し、企業のマーケティング課題に対するトータルサポートを行っています。詳細は、ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

【ソフトバンク株式会社】
ソフトバンク株式会社(東証1部:9434)は、「情報革命で人々を幸せに」というソフトバンクグループの経営理念の下、ライフスタイルやワークスタイルに変革をもたらす、さまざまな通信サービスやソリューションを提供しています。スマートフォンを中心とした魅力的なサービスや5Gネットワークで通信事業を強化するとともに、AIやIoT、ビッグデータなどの活用や、グローバルに事業を展開するグループのテクノロジー企業群とのコラボレーションにより、革新的な新規事業を創出し、さらなる事業成長を目指しています。詳細は、ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

【株式会社every syncの概要】
ソフトバンク株式会社と株式会社ビデオリサーチの共同出資会社として、2017年4月に設立されました。デジタルマーケティング分野において企業の事業成長に貢献することを目的としており、2020年10月からシングルソースで取得したテレビ視聴やネットの利用履歴(アプリ利用・ウェブ閲覧)などの各種データの提供サービス「es XMP」を提供しています。詳細は、ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

_________________________________________

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】

株式会社ビデオリサーチ コーポレートコミュニケーション部
Tel:03-5860-1723 E-mail:info@videor.co.jp

ソフトバンク株式会社 広報本部、株式会社every sync 広報担当
Tel:03-6889-2301 E-mail:sbpr@g.softbank.co.jp
担当:高橋(080-4373-5918)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]