編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

RISC-VおよびCycloneV FPGA対応組み込み統合開発環境UDEの販売開始

RISC-VおよびCycloneV FPGA対応組み込み統合開発環境UDEの販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-10-13 16:00

020年10月13日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、RISC-VおよびCycloneV FPGA対応組み込み統合開発環境UDEの販売を開始いたいます。

UniversalDebugEngine(UDE)は、オープンでライセンスフリーのRISC-VアーキテクチャとIntel Cyclone V SoCFPGAもサポートするようになりました。

RISC-Vは、縮小命令セットコンピュータ(RISC)の設計原理に基づく命令セットアーキテクチャ(ISA)です。他のアーキテクチャとは異なり、RISC-VはBerkeley Software Distribution(BSD)ライセンスのおかげで、無料でオープンなISAであり、幅広いアプリケーションドメイン向けに設計されています。半導体メーカーは、RISC-Vベースのシステムオンチップ(SoC)を、32、64、および128ビットの3ワード幅で実装できます。さらに、命令セットにはさまざまなサブセットを実装できます。たとえば、組み込みシステムや整数演算用の特別な機能を提供します。

32ビットおよび64ビットアプリケーション用のRISC-Vアーキテクチャの一般的な命令セットサポートに加えて、UDEはユーザーに他のさまざまな実用的な利点を提供します。たとえば、RISC-Vで使用可能なコンパイラとアセンブラは、レジスタ名に2つの呼び出し規約を使用します。レジスタ名の前に「x」または「f」が付いている標準の呼び出し規約と、プロセッサ固有のアプリケーションバイナリインターフェイス(psABI)です。 シンボリック名付き。UDEを使用してアプリケーションをデバッグする場合、開発者はコアレジスタウィンドウで両方の呼び出し規約を利用できます。

SiFiveの高性能マイクロコントローラーE31は、UDEがサポートする最初の本物のシリコンです。このデバイスは、RV32IMAC命令セット(32ビット、整数の乗算と除算のサポート、アトミックモードと圧縮モード)を実装しています。JTAGを介したE31への高速で信頼性の高いデバッグ通信のために、ユーザーはPLSのユニバーサルアクセスデバイス(UAD)ファミリの3つのデバイスUAD2pro、UAD2next、およびUAD3 +から選択できます。E31は、デバッグインターフェイスの物理的および電気的実装用に10ピンのArm仕様に準拠しているため、UADファミリのデバイスとE31間の接続には、PLSのユニバーサルArmアダプタが使用されます。UADからのデバッグインターフェイスのガルバニック絶縁もオプションで利用できます。

さらに、IntelのCyclone V SE、SX、STの3つのバリエーションにより、UDEはさらにFPGAベースのデバイスファミリをサポートします。いわゆるシステムオンチップ(SoC)FPGAとして、これらのデバイスはすべて、シングルコアまたはデュアルコアのArm Cortex-A9プロセッサの形式で統合ハードプロセッサシステム(HPS)を提供します。これは、FPGAのプログラマブルロジックの柔軟性とArmアプリケーションプロセッサのパフォーマンスおよびエコシステムを組み合わせたものです。Cyclone V FPGAは消費電力を最小限に抑え、豊富な知的財産(IP)ブロックを利用して、顧客はSoCを産業、無線、放送、家庭用電化製品の幅広いアプリケーションに合わせて調整できます。

UDEは、とりわけ包括的な視覚化オプションを使用してアプリケーションのデバッグをサポートします。デュアルコアバリアントの広範なサポートは、実際には特にユーザーフレンドリーです。たとえば、両方のコアは、単一のデバッグセッションと単一の共通デバッガインスタンス内で制御されます。それに加えて、開発者は、同期の停止と開始のためのマルチコア実行制御や共有コードで使用できるマルチコアブレークポイントなど、他の非常に効率的なマルチコアデバッグ機能からも恩恵を受けます。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。NXPセミコンダクターズ、インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]