編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

プラップジャパン、SNSマーケティングに強みを持つシンガポールのデジタルクリエイティブエージェンシーをグループ化

株式会社プラップジャパン

From: Digital PR Platform

2021-02-16 15:38


広報・PRの支援・コンサルティングを手がける総合PR会社、株式会社プラップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木勇夫、以下 プラップジャパン)は、当社連結子会社であるPRAP ASIA PTE. LTD.を通じて、シンガポールのSNSマーケティングおよびコンテンツ制作に強みを持つWild Advertising & Marketing Pte. Ltd.(以下 Wild)の株式を取得し、グループ化いたしました。

Wildは、FacebookやInstagramなどのSNSマーケティングに特に強みを持つデジタルクリエイティブエージェンシーです。シンガポール政府機関・公共機関のデジタルキャンペーンを数多く手掛けているほか、ローカル企業やグローバル企業を顧客に持ち、シンガポール現地で評価されています。また、デジタルキャンペーンの戦略立案からコンサルティング、コンテンツ制作も自社内で提供しています。

プラップジャパンは、2018年にシンガポールの海外子会社を設立し、東南アジア各国の日系企業を中心にコミュニケーション活動のサポートを続けてきました。2020年には、東南アジア各国でのイベントキャンペーンやプロモーション施策を得意とするシンガポールに拠点を置く広告会社を子会社化し、プラップジャパングループの海外事業の基盤拡大を推進させてきました。

このたびのWildの子会社化によって、さらなる体制強化を進めるともに、同社のSNSマーケティングやコンテンツマーケティングのノウハウをプラップジャパンの海外事業施策に連携させることで、事業規模の拡大を図ります。これまでプラップジャパングループの海外事業の主な顧客は日系企業が中心でしたが、Wildがグループに入ったことで、東南アジアのローカル企業への新規顧客開拓を推進していきます。また、既存顧客に対しても、両社の知見と実績を掛け合わせることで、これまで以上に幅広いサービスを提供することが可能になります。

プラップジャパンは、今後も中国/アジア・パシフィック地域を中心に、現地に根ざした知見やネットワーク、デジタルテクノロジーを融合し、コミュニケーションサービスの拡充、海外事業の基盤拡大を図っていきます。また、当社が創業以来築いてきた経験やノウハウをさらに進化させていくことをベースに、デジタルの新サービスの開発など、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進していきます。

■株式取得後の会社概要(予定)

(リンク »)

(1)名称 Wild Advertising & Marketing Pte. Ltd.
(2)所在地 1 Chang Charn Road, #05-06, OC, Singapore 159630
(3)代表者の役職/氏名 Director YEO AI LING ,Director LEE KAI XIN
(4)事業内容 広告及びデジタルマーケティングの企画、代理事業

<プラップジャパンについて>
株式会社プラップジャパンは、PR視点で企業や団体のコミュニケーション活動を包括的にサポートする、コミュニケーション・コンサルティングカンパニーです。1970年に総合PR会社として創業して以来、多様な価値観の世の中において「あらゆる関係性を良好にする」というミッションを軸にビジネスの領域を広げてきました。日本・中国・東南アジアに拠点を持ち、コミュニケーション分野に専門性を持った複数のグループ会社と連携しながら、これまでの「当たり前」にとらわれず、社会の視野を広げるコミュニケーションで課題を解決しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社プラップジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]