編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

宿泊施設での”非対面・非接触化”をITで実現。 スマートロック 「RemoteLOCK」と電縁提供の「maneKEY」が5月11日に連携を開始

RemoteLOCKチーム / 株式会社構造計画研究所

From: valuepress

2021-05-12 13:00

鍵やスマホアプリを用いずに入退室管理ができるRemoteLOCKと、宿泊施設のチェックイン業務を省力化・無人化できるmaneKEYの連携がスタート。2020年5月、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)らが公表した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」で推奨されているチェックイン手続きなどの非接触化に活用いただけます。

株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区)が提供しているスマートロックのサービス「RemoteLOCK(リモートロック)」は5月11日(火)、株式会社電縁(でんえん)(本社:東京都品川区)が提供しているAIスマートチェックイン「maneKEY(マネキー)」と連携を開始しました。
  マネキーは、AIによるパスポート読み取りや、QRコードによるチェックインができるIoTソリューションで、宿泊施設での非対面のチェックインを可能にします。
2020年5月に全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会らが公表した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」(2020年5月・12月一部改訂)では、デジタルツールを活用した「チェックイン手続き」、「宿泊カードの記入」、「ルームキー、キーカードの受渡し」の“非接触化”を推奨しています。
鍵やスマートフォンを使わずに入退室管理ができるリモートロックと、AIによる業務の省力化・無人化が可能なIoTソリューションの連携で、宿泊施設のチェックイン・チェックアウトの"非接触化"を図ります。

▼ ビジネスのためのスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」
​ RemoteLOCKは、株式会社構造計画研究所(本社:東京都中野区/ 代表執行役:服部正太)が提供するビジネス向けのスマートロック製品です。宿泊客毎に異なる有効期限つき暗証番号キーをクラウドシステムで管理・発行し、様々な施設で安全な滞在や非対面でのカギの受け渡しを実現する空間活用のためのオープンプラットフォームです。
(リンク »)

▼ AIスマートチェックイン「maneKEY(マネキー)」
maneKEYは、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。AIを活用した本人認証によって、無人でのチェックイン対応が可能です。人材不足を解消するだけでなく、Withコロナに向けた「非対面での新しい接客様式」によって宿泊客と施設管理者の双方の安心・安全に寄与します。
(リンク »)

▼ 「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」掲載ページ(一般社団法人日本旅館協会公式ウェブサイト): (リンク »)


▼ 2021年5月27日(木)無料オンラインセミナー
スマートロックでこれからのスペース運営を手軽で便利に。
日時:2021年5月27日(木) 15:00-16:00
参加費:無料
視聴方法:オンライン
(リンク »)


【RemoteLOCKについてのお問い合わせ先】
株式会社構造計画研究所 RemoteLOCKチーム
remotelock@kke.co.jp / 050-5306-6250

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]