編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

BTOパソコンのサイコム、コーポレートアイデンティティ(CI)を刷新 “The Sycom Craftsmanship”を掲げ職人としての誇りとこだわりを追求

株式会社サイコム

2021-05-13 15:00

BTOパソコンのSycom
コーポレートアイデンティティ(CI)を刷新
“The Sycom Craftsmanship”を掲げ職人としての誇りとこだわりを追求

BTOパソコンメーカーの株式会社サイコム(本社:埼玉県八潮市/代表取締役社長:河野 孝史)は、この度ブランドイメージに“The Sycom Craftsmanship”を掲げ「こだわりのBTOパソコンを創り、応え、超えていく」の理念の下にリブランディングを行い、本日5月13日(木)よりロゴを含むコーポレートアイデンティティを一新します。

ブランドステートメントの“The Sycom Craftsmanship”とは、商品開発、組立、検証、製品の品質、そしてユーザーへのサポートや購入の相談などすべてにおいて、社員全員が「Craftsman=職人としての誇りとこだわりを持ってお客様のこだわりに応えていく」というイメージを持ち、シンボルとしてのロゴタイプを変更しました。

■新しいCIに込めた想い─ブランドステートメント

The Sycom Craftsmanship
こだわりのBTOパソコンを創り、応え、超えていく。

【Build To Order PC.】
私たちは、次代のBTOパソコンの使命を知っています。
デスクトップ型で高性能は当たり前。
従来の開発技術を超えるクラフトマンシップが無ければ、
クリエイターやゲーマーたちのニーズに応える高次元な性能は生まれません。

独自の視点と海外ネットワークでパーツを揃え、
一台のパソコンをプロフェッショナルが熟練の技術で組み立てる。
エアフローを考慮したこだわりのケーブリングをはじめ、検証、修理、
メンテナンスはもちろん、サポートを受け付けるのも開発者です。

高性能マシンだからこそ、開発者が直接ご相談に応える。
それ以上のサポート体制は無いと、私たちは考えます。
一台一台を丁寧に組み立てながらも納期は厳守する。
それもサイコム・クラフトマンシップの品質。

デュアル水冷G-Master Hydroシリーズや、徹底的に静音に
こだわり抜いたSilent-Masterシリーズなど、サイコム独自の
ビジョンから生まれたモデルを、
私たちはこれからも生み出し、進化させ続けます。

■新ロゴデザイン

新ロゴデザインは、変化に気づかれないほど微細なものです。印象を変えずに「微細な変化が、大きな進化を生む」というコンセプトは、これまでの培ってきた当社の「こだわりのBTO」というスローガンを根幹に維持しつつ、クラフトマンシップにまで昇華することを表現しています。

■代表取締役 CEO 河野孝史のコメント

弊社は売り上げを追い求めません。販売台数の増加にも挑みません。また、事業規模の拡大も目指してはおりません。弊社が真に志すべきことはほかにあるからです。それは、社員一人ひとりがBTOパソコンについて並々ならぬこだわりを持ち、お客様それぞれの理想をしっかりと形にしていく、職人の集団となることです。私どもの職人としてのこだわりは、単にBTOパソコンを組み立てるだけにはとどまりません。購入前の相談から、組立製作、検証、梱包、そして購入後のサポートまで、すべてのプロセスにおいて、長年の経験によって培われた豊富な知識とノウハウを注ぎ込み、お客様の信頼にお応えすべく努力を継続して参ります。また、世界初のデュアル水冷PC、Hydroシリーズに代表される独自視点からの商品開発も私たちが注力すべき点です。弊社ではそのような思いをあらためて全社的に共有し、お客様にコミットするため、“Craftsmanship”(職人技)というキーワードのもと、このたびリブランドを宣言します。今までのこだわりを大切にしながらさらに昇華させる象徴として、ロゴマークにもマイナーチェンジを加えました。決して自己満足に終わらない職人としてのこだわりを社員全員が胸に抱き、より真摯にお客様のニーズに向き合ってまいります。これからのサイコムにどうぞご期待ください。


当社は1999年5月の創業以来かわらず顧客ニーズに合ったこだわりのBTOパソコンを提供して参りました。これからも当社の経営理念を継承しつつ、新たなステージへと進んでいきます。

【会社概要】
社名:株式会社サイコム
代表取締役:河野 孝史(かわの たかし)
所在地:〒340-0808 埼玉県八潮市緑町4-4-1
    〒101-0031 東京都千代田区東神田2-4-8 3階(秋葉原サテライトオフィス)
設立:1999年5月
事業内容:自社製パーソナルコンピューターの販売、PCパーツ販売、コンピューターパーツの輸出入・販売
ホームページ: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]