編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

Sky株式会社「SKYSEA Client View」と 株式会社FFRIセキュリティ「FFRI yarai」が連携強化、『EDRプラスパック』をリリースしました

Sky株式会社

2021-06-07 16:07

Sky株式会社(東京本社:東京都港区 / 大阪本社:大阪市淀川区、代表取締役:大浦淳司)は、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」と、株式会社FFRIセキュリティ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鵜飼裕司)が提供する次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」との連携を強化。EDRに求められるサイバー攻撃の検知、隔離、調査、修復などの機能を付加した「SKYSEA Client View」の新オプション『EDRプラスパック』および『EDRプラスパックCloud』をリリースしました。
『EDRプラスパック』および『EDRプラスパックCloud』の概要
自治体における、各業務系ネットワークとインターネット接続系ネットワークを分離する三層の対策は、事務効率の低下や、テレワークでのオンラインコミュニケーションツールの利用制限といった課題が出てきています。業務系ネットワーク内のPCやシステムの一部を、インターネット接続系ネットワークに転換する動きもありますが、これによりPCなどエンドポイントのセキュリティリスクも懸念されています。加えて、巧妙化の一途をたどるサイバー攻撃においては、従来の境界線防御では100%防ぐのは困難と考えられ、マルウェアなどの侵入・感染を前提とした対策の必要性が高まっています。そこで注目されているのがEDR製品です。
これは、PCなどのエンドポイントを監視し、不審な振る舞いを検知、隔離するセキュリティ製品です。マルウェアなどが、従来の境界線防御をすり抜けてきた場合の早急な対応をサポートし、これまでの情報セキュリティ対策を強化する役割を担います。組織外へ持ち出すPCに対しても常に脅威の監視が働くため、テレワークで利用するPCの情報セキュリティ強化にも有効といわれています。
しかしながら、現在市場において提供されている多くのEDR製品は、マネージドサービスが組み込まれ高価になっている、管理サーバーをオンプレミスで設置できない、海外に設置されたSOCに検体が送信されると共に海外で運用されているクラウドサービスを使うことが求められるなど、導入のネックが挙げられています。加えて、日本で今注目されているサプライチェーンリスクへの対策を、優先的に検討・実施する必要があるなどの理由から、多くの組織でEDR製品が必要とされながらも、新規採用が進まない状況となっています。
そこで「SKYSEA Client View」は、次世代エンドポイントセキュリティ製品である「FFRI yarai」との連携機能を強化。「FFRI yarai」に搭載されている、ファイルの特徴や実行プロセスの振る舞いを監視して検知・防御する機能と、「SKYSEA Client View」のログによる調査が行える機能とを組み合わせ、『EDRプラスパック』および『EDRプラスパックCloud』としてご提供いたします。
これにより、日本国内で開発・販売されている製品を組み合わせたEDR製品として、PCの情報セキュリティ対策強化にご利用いただけます。また、インターネットに常時接続されていないオンプレミス環境でもご利用いただけるため、導入に伴うネットワーク構成の変更なども必要最小限に抑えることができます。

『EDRプラスパック』および『EDRプラスパックCloud』の主な機能
検知
・シグネチャーに依存せず未知の脅威をリアルタイムに「ふるまい検知」
・スクリプトファイル等を用いるファイルレスマルウェアを攻撃の各フェーズで検知
隔離(封じ込め)
・検知情報を基にPCをネットワークから自動的に切り離し
・検知したファイルを管理サーバーへ収集し、ローカルファイルを隔離
調査
・検知したファイルの侵入経路を操作ログと紐づけて調査
・検知されたファイルがほかの端末に存在するか調査
・調査結果をインシデントレポートとして表示
修復
・マルウェアが生成したファイルやレジストリ設定を修復
・隔離した端末やファイルを管理サーバーからの指示で復旧

価格
EDRプラスパック 12,600円(年間利用料 / 台)
EDRプラスパックCloud 14,630円(年間利用料 / 台)
※一般企業向け・99台以下の場合における、1台あたりの年間利用料です。
※『EDRプラスパックCloud』は、別途Cloud利用費(初年度および翌年度以降毎年)が必要です。
※地方公共団体のお客様向けにLG(Local Governments)ライセンス、学校法人・教育機関向けにアカデミックライセンスもご用意しております。
※価格は税抜き表示です。

リリース日
2021年6月7日

提供形態
「SKYSEA Client View」をご利用のお客様に付加機能としてご提供いたします。
『EDRプラスパック』および『EDRプラスパックCloud』
内容
・次世代エンドポイントセキュリティ FFRI yarai
・SKYSEA Client View FFRI yarai連携拡張モジュール
※『EDRプラスパックCloud』では、「FFRI yarai」ではなく「FFRI yarai Cloud」をご利用いただきます。「FFRI yarai」における管理サーバーの導入コストや、運用・更新コストを削減したいお客様向けとなります。

リリース開始キャンペーンを実施します!
「SKYSEA Client View」をご利用のお客様に向けて、『EDRプラスパック』または『EDRプラスパックCloud』を新規でご購入いただくと、年間利用料を20%オフでご提供。また、「SKYSEA Client View」を新規で同時購入いただいた方に向けては、「SKYSEA Client View」のライセンスも20%オフでご提供するキャンペーンを実施いたします。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。
<「EDRプラスパック販売開始キャンペーン」特設Webページ(SKYSEA Client View Webサイト)>
URL: (リンク »)

株式会社FFRIセキュリティについて
2007年、日本において世界トップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく設立されました。現在では日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内でサイバー攻撃対策技術の研究開発に取り組んでいます。研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けており、これらの研究から得られた知見やノウハウを製品やサービスとしてお客様にご提供しています。主力製品となる「FFRI yarai」は官公庁をはじめ多数の導入実績を持ち、先端技術を使用した次世代型のエンドポイントセキュリティとしてさまざまな脅威に対する防御実績を公開しております。

最後に
現在、今回の連携機能の強化にとどまらず、エンドポイントセキュリティをより強固なものとするための開発も鋭意取り組んでおります。お客様からのご要望に応じて改善を重ね、皆さまにお役立ていただけるソフトウェアの実現を目指して、引き続き注力してまいります。

お問い合わせ
Sky株式会社
本件に関するお問い合わせはこちら
(リンク »)
(ページ下部のお問い合わせボタンをクリックしてください 。)

株式会社FFRIセキュリティ
本件に関するお問い合わせはこちら
(リンク »)

・SKYSEA および SKYSEA Client View は、Sky株式会社の登録商標です。
・FFRI yarai は、株式会社FFRIセキュリティの登録商標または商標です。
・その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
・本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Sky株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]