編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

グローバルに進む金融業界のDXに対応する新サービス提供に向け、 大手地方銀行4行、スイフト・ジャパン株式会社とともにPoCを実施 SWIFTが提供するAPIを活用し、送金・被仕向送金業務の自動化目指す

日鉄ソリューションズ株式会社

From: Digital PR Platform

2022-06-24 11:04



(リンク »)



プレスリリース

2022年6月24日
日鉄ソリューションズ株式会社

グローバルに進む金融業界のDXに対応する新サービス提供に向け、
大手地方銀行4行、スイフト・ジャパン株式会社とともにPoCを実施
~SWIFTが提供するAPIを活用し、送金・被仕向送金業務の自動化目指す~

日鉄ソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 NSSOL)は、スイフト・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、Managing Director, Head of SWIFT East Asia:アラン・デルフォッセ、以下 スイフト・ジャパン)と共同で、金融機関における送金/被仕向送金(※1)に関わる業務のDX化推進とISO20022対応(MX対応(※2))に関する実証実験を大手地方銀行含む金融機関4行と2022年3月に実施しました。
このPoCの結果を踏まえ、NSSOLはSWIFTが提供するAPIを活用した送金/被仕向送金業務のDX化およびISO対応に向けた「SWIFTが提供するAPI導入支援・コンサルサービス」(以下、「本サービス」)を2022年度中にリリースすることを目指します。本サービスでは個人情報、送金時の口座情報、AML(Anti-Money Laundering:マネーロンダリング防止策)対応状況などといった送金/被仕向送金業務に必要となる事前チェックを自動化するとともに、STP化(送金業務の自動化)とSWIFT MT(※3)/MX電文の送信、受信への対応も予定しています。

■現状の課題とPoC実施の目的
金融機関が顧客からの送金・着金の情報を処理する際に発生する、KYC(Know Your Customer:口座開設時の本人確認)やAML対応といった業務は、定型的なものでありながらも、その大部分が手作業で行われています。またそうした情報をやり取りする際の電文送受信の際にも手作業による入力が必要となっており、仕向送金/被仕向送金業務における事務作業の膨大さや煩雑さの解消が従前より課題となっています。

加えて、SWIFT加盟の金融機関は2022年11月からISO20022の電文(MX)送受信することが可能となるなど、グローバルな規模で金融業界のDX化が進んでおり、各金融機関においてもその対応が求められています。こうした業務上の課題や金融業界全体のDX化の流れに対応するため、大手地方銀4行の協力を得て実証実験を実施しました。
実証実験ではSWIFTが提供するAPIを利用した送金業務の自動化の実証実験を実施し自動化が可能であることを確認しました。

■スイフト・ジャパンからのメッセージ
スイフト・ジャパンは、この度最新のSWIFTが提供するAPIを利用した仕向送金/被仕向送金業務の自動化改善の支援においてNSSOLと提携できることを大変嬉しく思います。
SWIFTが提供するAPIがNSSOLのインターネットバンキングソリューション”CrossMeetz”(※4)にて活用され金融機関様における手作業処理やエラー率を減らし、コスト削減に寄与されることを期待致します。
Managing Director, Head of SWIFT East Asia:アラン・デルフォッセからのメッセージ

■今後の展望
今回の実証実験の成果を踏まえてリリースを目指す本サービスは、SWIFTが提供するAPIを活用し、KYC、AML、送金先やBICコード、IBANコード(海外送金の際に必要となる口座情報)の事前チェックを自動化するとともに、同業務のSTP化とSWIFT MT/MX電文の送信、受信を支援するものとする予定です。
また、本サービスはSaaS型で提供することを予定しており、導入先における初期投資コストとランニングコストを抑え、短期間での導入を可能とします。

これまで当社は金融機関向けのインターネットバンキングサービス”CrossMeetz”を約10年間にわたり提供してきており、その開発と運用ノウハウを本サービスにも活用するとともに、本サービスをCrossMeetzのサービスとして追加することでCrossMeetzご利用中の金融機関のお客様の一層の利便性の向上を図っていく予定です。

今後もNSSOLは、当社パーパス「ともに未来を考え 社会の新たな可能性を テクノロジーと情熱で切り拓く」のもと、本サービスや「CrossMeetz」を通じた金融業務のデジタル化を支援し、金融業界の発展に貢献してまいります。

以 上

※1:海外の金融機関との送金、着金情報を処理する業務
※2:金融機関同士でのやりとりにおける電文標準フォーマット。ISO20022ではテキスト形式からXML形式へと変更となるため、送金・着金に関する業務を自動化することが可能となる。
※3:SWIFTが提供する金融メッセージング・サービスで利用される標準電文フォーマット。
※4:NSSOLが金融機関向けに提供するインターネットバンキングサービス。弊社から金融機関へSaaS、ホワイトラベルで提供し、金融機関のお客様である事業法人が外為サービスを中心に様々な金融サービスを利用することが可能です。現在金融機関を中心に18社にご利用いただいており、利用する事業法人数は約5,000社に上ります。


【本件に関するお問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
金融ソリューション事業本部 南 仁史、水落 友樹
TEL:080-1245-1578 Email:minami.hitoshi.2ft@jp.nssol.nipponsteel.com
TEL:080-2171-6417 Email : mizuochi.yuki.p5m@jp.nssol.nipponsteel.com

スイフト・ジャパン株式会社
宮崎 雄一、山崎 利恵
TEL :03-5223-7404 Email : Yuichi.MIYAZAKI@swift.com
TEL :03-5223-7451 Email : Rie.YAMAZAKI@swift.com

【報道関係お問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
管理本部 サステナビリティ推進部 広報・IR室
E-mail:press@jp.nssol.nipponsteel.com

・NS Solutions、NSSOL、NS(ロゴ)は、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]