資格スクエアの法律学習アプリ「短答攻略クエスト」リリース

株式会社レアジョブ

From: PR TIMES

2022-11-09 16:46

司法試験予備試験の短答式試験演習アプリの大型アップデート版がついに登場

スキルの可視化と向上を支援する“AIアセスメントカンパニー”の株式会社レアジョブ(以下、レアジョブ)の資格試験対策事業子会社、株式会社資格スクエア(以下、資格スクエア社)は、司法試験予備試験の短答式試験の過去問を演習できるアプリ「予備試験短答式問題集 ~司法試験予備試験の効率学習~」を大型アップデートした「短答攻略クエスト」(以下、本アプリ)をリリースしました。



[画像1: (リンク ») ]



「短答攻略クエスト」アプリについて:司法試験合格者の学習法を詰め込んだ充実の機能

本アプリは、以前より司法予備試験受験生から高い支持をいただいていたアプリ「予備試験短答式問題集 ~司法試験予備試験の効率学習~」のアップデート版です。弁護士や司法試験短答式試験の上位合格者などが監修しアプリでも合格者と同じ学習法ができ、短答式試験を効率的に攻略できるよう改良しました。

(主な機能)
・問題演習…平成25年度~令和3年度 司法試験予備試験 過去問 7科目9年分(約3,600肢)を提供。一部問題は無料で演習頂けます。また、問題は今後も追加されていく予定です。
・解説チェック…解答の正否だけではなく、選択理由の合致までチェックできるので、理解が曖昧なままになりません。
・問題ソート…年度や目次ごとの演習に加え、間違えた問題や要チェックした問題を絞り込むことが可能です。間違えた問題を潰していく勉強法に最適です。
・正答率の可視化…苦手科目・分野が一目でわかり、対策に役立てられます。
・レベル表示…正解した問題数でレベルが上がり、レベルに応じて演習可能な問題が増えていきます。
・関連講義の表示…資格スクエア受講生の方はアプリから問題に関連する講義にとぶことができ、効率的に復習できます。

(注目の機能)
・ミニテスト…本アプリ上で定期的に開催されるテスト。全ユーザーが参加でき、実際の試験と同様、制限時間内での問題解答に取り組みます。予備試験は受験者間の相対的な成績で合否が決定します。このミニテストでは、開催期間終了後に全参加者の点数とタイムから、ランキングと点数分布を公開。ご自身の現状の立ち位置を把握できるだけでなく、他の受験生のレベルがつかめるというメリットがあります。

[画像2: (リンク ») ]

(ご利用のメリット)
・スマートフォンでいつでもどこでもスキマ時間を利用して学習できる
・ミニテストに参加し、全国の予備試験受験生と競い合える
・可視化された学習ログから、学習状況の把握や成長実感を得られる

また、本アプリでは、司法試験短答式試験の上位合格者などが監修した充実の解説をご覧いただけます。問題を解き、解説を読むだけでも法律学習に役立てられるので、予備試験受験生のみならず、法律を学ぶすべての方にご活用いただけます。


アップデート版「短答攻略クエスト」リリースに伴うキャンペーン

資格スクエアでは、本アプリのリリースに伴い、キャンペーンを展開いたします。旧アプリからご利用いただいているユーザーの方や、これからご利用になる方もご参加可能です。

<1:期間限定!全問題無料開放キャンペーン>
期間中、すべてのアプリユーザーの方に対象の問題を無料で開放いたします。期間中は自由に演習いただけます。
・キャンペーン期間:2022年11月8日(火)~ 12月31日(土)
・無料開放対象問題:平成25年度~令和3年度 司法試験予備試験 過去問 7科目9年分(約3,600肢)
・対象ユーザー:期間中に本アプリをご利用いただいたすべての方

<2:白ねこ先生と挑め!「短答攻略クエスト」 ミニテスト選手権>
資格スクエア講師を務める、通称“白ねこ先生”に挑戦!対象のミニテストで、白ねこ先生よりも上位にランキングされた方と、ミニテストの結果をTwitterでシェアしていただいた方に抽選で Amazonギフト券最大10,000円分をプレゼントいたします。

・キャンペーン参加可能期間:2022年11月8日(火)~2022年11月27日(日)
・キャンペーン対象ミニテスト名:『白ねこ先生と挑む7科目30問』
・キャンペーン賞品:Amazonギフト券最大10,000円分
・資格スクエアYouTube公式チャンネルにて、動画を公開中
…白ねこ先生のミニテスト挑戦動画はこちらから
(リンク »)

キャンペーン詳細はこちらから
(リンク »)

※ Amazon、Amazon.co.jpはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

(アプリのダウンロード・アップデートについて)
下記のストアより、本アプリのダウンロードが可能です。また、旧アプリを既にご利用の方は、アップデートを行うことで利用可能になります。

・App Store: (リンク »)
・Google Playストア: (リンク »)

ぜひキャンペーン期間を通して、この「短答攻略クエスト」をご利用いただき、法律を学ぶ楽しさを“クエスト”してください。


資格試験のオンライン学習サービス「資格スクエア」について


[画像3: (リンク ») ]

「資格スクエア」は、”合格するための正しい学習”をシステム化した法律系難関資格のオンライン学習サービスです。多くの難関試験合格者から学習法をヒアリングし、「合格するためにはどのように学習すべきか」の最適解を見出し、脳科学の要素を加えカリキュラム化。また、講義や教材の提供にとどまらず、最適なデジタル学習環境とサポートによって”正しい学習”の実践を支えることで、多くの人が合格を掴み、活躍できるように支援します。



株式会社資格スクエアについて

会社名:株式会社資格スクエア
事業内容:オンライン学習サービス「資格スクエア」の運営
所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者:代表取締役社長 佐藤 郁夫
設立日:2021年12月1日


株式会社レアジョブについて

所在地:東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル2F
代表者:代表取締役社長 中村 岳
URL: (リンク »)
事業内容:英語関連事業
上場取引所: 東京証券取引所プライム市場


レアジョブグループの事業展開について

レアジョブグループは、AIアセスメントカンパニーとして、グループビジョン“Chances for everyone, everywhere.”に基づき「世界中の人々が、それぞれの能力を発揮し、活躍できる世の中の実現」を目指しています。オンライン英会話をはじめ、AI ビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS(R)」などアセスメントを軸とし、個人・法人・教育機関を対象に事業を展開。また、英語だけでなくグローバルリーダーに必要な評価・育成・採用など人材関連サービスや、資格取得を支援するサービスも提供。今後も、国内のみならずグローバルな事業展開を推進してまいります。


イメージムービー:レアジョブが描く少しだけ未来の風景


[動画: (リンク ») ]


【サービス関連情報】
・累計無料登録ユーザー数: 100万人以上※
・累計導入法人企業数: 3,400社以上
・累計導入教育機関数: 330校以上
※ユーザー数は、当社グループの英語サービスすべてのユーザー数を記載

【提供サービス】
オンライン英会話サービス
・オンライン英会話サービス「レアジョブ英会話」
(リンク »)
・オンライン完結成果保証型英会話プログラム「スマートメソッド(R)コース」
(リンク »)
・子ども専門オンライン英会話「リップルキッズパーク」
(リンク »)

アセスメントサービス(英語力測定)
・ビジネス英語スピーキングテスト「PROGOS(R)」
(リンク »)
・英語スピーキング力診断アプリ「PROGOS(R)」
(リンク »)

法人・文教向けサービス
・法人向けグローバルリーダー育成研修サービス(株式会社プロゴス)
(リンク »)
・教育機関向け英語教育サービス(株式会社エンビジョン)
(リンク »)

資格取得
・法律系難関資格のオンライン学習サービス「資格スクエア」
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]