編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

霞ヶ浦湖上輸送ルートの確立 かすみがうら市⇔美浦村間をドローンで飛行試験成功

株式会社eロボティクス茨城

From: PR TIMES

2022-11-11 19:46

かすみがうら市⇔美浦村間片道8kmの霞ヶ浦湖上飛行ルートを南北縦断

2022年11月2日に株式会社eロボティクス(本社:南相馬市 代表取締役:板羽昌之)は、大型産業用ドローンを用いて茨城県かすみがうら市農村環境改善センター屋上⇔美浦村大山ヘリポート間片道8kmの往復飛行を報道関係者向け公開飛行試験を行いました。



令和3年度に「霞ヶ浦」の湖上上空を活用した、国土交通省・環境省の連携事業である「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業(計画の策定)」を代表事業者:(株)eロボティクス、共同事業者:かすみがうら市、美浦村で実施を試みましたが、電波干渉の影響でルート途中で引き返すことになり、湖上縦断は断念しました。
令和4年度は機体の選定や通信方法のLTE化など、以下の改善と新たな取り組みを行い再度「霞ヶ浦」湖上上空を活用したドローン物流の実用化を図りました。

1.通信環境:「LTE上空利用プラン」を活用したドローンの制御及び映像伝送を採用。
2.飛行機体:イームズロボティクス(株)製の福島県産大型産業用セルラードローン「UAV-E6150」を採用。
3.無人航空機運航管理システム(UTM):(公財)福島イノベーション・コースト構想推進機構・(株)日立製作所の協力により、福島ロボットテストフィールドのUTMによる動態管理。
[画像1: (リンク ») ]


4.気象観測:(一社)環境ロボティクス協会の協力により、ウェザーステーション搭載大型産業用ドローン「ALTAX」を用いて「霞ヶ浦」湖上飛行ルートのリアルタイム気象観測(気温、湿度、風向、風速、気圧)の実施。


[画像2: (リンク ») ]

11月2日に行われた飛行では、ドローンに5kgの模擬荷物を積載し、約13分で両拠点間を問題なく飛行することができ実験は成功を収めた。今後は限定した飛行ルートを利用して地域間の交流や、地域課題の解決、新たな飛行ルートの開拓を予定している。

また現在eロボティクス茨城(本社:かすみがうら市)は、かすみがうら市及び美浦村の特産品を加工してドローンで配送する「空飛ぶスイーツ」のクラウドファンディング事業を計画している。現在CAMPFIREを利用して活動資金を募集している。

CAMPFIRE 空飛ぶスイーツ「ドローン配送サービスによる今までにない活気ある まちづくり」
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]