生体吸収性ステント市場、2027年に5億7,178万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-06 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「生体吸収性ステントの世界市場:産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年の予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月5日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
生体吸収性ステントの世界市場は、2021年に3億4,622万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.40%のCAGRで成長し、2027年には5億7,178万米ドル規模に達すると予想されています。
生体吸収性ステント(BRS)は、抗増殖薬や遺伝子でコーティングされており、時間の経過とともに溶解して血管の開存性を回復し、反動を維持しながらリモデリングを可能にするものです。低灌流時の血流を維持しながら、分岐点での血流調節や血管網の部位への血液量の制限に役立ちます。また、心臓CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像装置)による病変部のイメージングを向上させます。さらに、スキャフォールドを残さず、血管の刺激や炎症を抑え、同じ部位への反復治療が容易になります。そのため、BRSは世界中の病院や心臓病センターで幅広い用途が見いだされています。

市場の動向
不健康な食事、運動不足、タバコやアルコールの過剰摂取による心血管系疾患の蔓延が、市場を牽引する主な要因となっています。また、酸素を多く含む血液を体内に運ぶために、閉塞した動脈を開く経皮的冠動脈形成術(PCI)の利用が増加しています。このことは、医療業界の拡大とともに、市場の成長に寄与しています。これに加えて、生体吸収性ステントの利点に関する人々の意識の高まりは、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。さらに、術後疼痛の軽減、手術中および術後の合併症の減少、入院期間の短縮、回復時間の短縮などによる低侵襲手術の需要の高まりは、市場にプラスの影響を与えています。これとは別に、市場の主力企業は研究開発(R&D)活動に幅広く投資し、冠動脈疾患を治療するためのスレンダー統合デリバリーシステム(IDS)固定ワイヤーやダイレクトRX生体吸収性急速交換型薬剤溶出ステント(DES)システムなどを上市しています。また、ポリマー製ステントの開発にも注力しており、市場の成長を後押しするものと期待されています。

主要な市場区分
世界の生体吸収性ステント市場は、バイオマテリアル、吸収速度、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

バイオマテリアル別の市場区分
・ポリマー製生体吸収性ステント
・金属製生体吸収性ステント

吸収速度別の市場区分
・低速吸収ステント
・高速吸収ステント

用途別の市場区分
・冠動脈疾患
・末梢動脈疾患

エンドユーザー別の市場区分
・病院
・心臓センター

市場の競合状況
世界の生体吸収性ステント市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Arterius Limited、B. Braun SE、Biotronik SE & Co. KG、Boston Scientific Corporation、Elixir Medical Corporation、Kyoto Medical Planning Co. Ltd.、Lepu Medical Technology (Beijing) Co. Ltd.、Meril Life Sciences Pvt. Ltd.、Reva Medical LLC、Terumo Corporationなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]