コンタクトレンズ市場、2027年に108億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-06 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「コンタクトレンズの世界市場:産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年の予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月5日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
コンタクトレンズの世界市場は、2021年に76億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6%のCAGRで成長し、2027年には108億米ドル規模に達すると予想されています。
コンタクトレンズは、近視、遠視、乱視、老眼などの屈折異常を持つ人の視力を改善するために、角膜の涙膜被覆部に装着する医療機器です。薄い透明なプラスチック製の円盤でできており、色合いを良くして取り扱いを容易にするために、若干の着色をすることも可能です。感染症、炎症、視力低下、失明などの合併症を防ぐため、通常、眼科医の処方が必要です。現在では、世界中の多くの企業が、目的に応じてさまざまなデザインのカスタマイズレンズを提供しています。

市場の動向
一般的な眼疾患や疾病の発生率の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。視力は年齢とともに低下するため、世界的な老人人口の増加が視力矯正用コンタクトレンズの需要にプラスの影響を及ぼしています。また、コンタクトレンズには眼鏡に比べて、周辺視野が広く、視界を妨げない、飛沫がかかる可能性が低いなど、多くの利点があります。このことは、スポーツや身体活動をする個人の増加とともに、怪我のリスクを最小限に抑え、安全装置とのより良い互換性を提供し、個人とアスリート双方のパフォーマンスを向上させるため、コンタクトレンズの需要拡大要因となっています。さらに、子供の近視の進行を遅らせるための特殊なレンズが発売されています。これらのレンズは、円錐角膜やその他の角膜の異常の治療に役立ちます。加えて、主力企業は、白内障やその他の眼の問題の原因となる太陽光線から眼を保護する紫外線防止レンズを製造しています。また、美容目的の革新的なカラーレンズも発売されており、市場の成長を加速すると予想されています。

主要な市場区分
コンタクトレンズの世界市場は、素材、デザイン、使用法、用途、流通チャネルに基づいて細分化されています。

素材別の市場区分
・ガス透過性
・シリコーンハイドロゲル
・ハイブリッド
・その他

デザイン別の市場区分
・球形
・トーリック
・多焦点
・その他

使用法別の市場区分
・毎日使い捨て
・使い捨て
・定期交換
・従来型

用途別の市場区分
・矯正
・治療
・化粧品
・補綴
・生活者向け

流通チャネル別の市場区分
・オンライン販売
・眼科医
・小売店

市場の競合状況
コンタクトレンズの世界市場における主要な企業としては、Alton Vision LLC, Bausch & Lomb Incorporated, Carl Zeiss AG, Contamac Holdings Limited, EssilorLuxottica SA, Hoya Corporation, Johnson & Johnson Services, Inc., Menicon Co. Limited, SEED Co. Limited, SynergEyes Inc., Cooper Companies Inc.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]