木質ペレットの市場規模、2026年に138億3000万米ドル到達予想

株式会社グローバルインフォメーション

2023-01-26 11:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「木質ペレットの世界市場レポート2022年:ウクライナ・ロシア戦争の影響」(The Business Research Company)の販売を1月25日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

木質ペレットの市場規模は、2021年の83億9000万米ドルからCAGR12.6%で成長し、2022年に94億4000万米ドルとし、さらに、2026年には138億3000万米ドルに達すると予想されています。ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19の大流行からの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

木質ペレット市場は、プレミアム木質ペレット、スタンダード木質ペレット、食品用木質ペレット、トレーガー社製シグネチャー木質ペレット、アップルウッドペレット、チェリーウッドペレット、ピーカンウッドペレット、メスキートウッドペレット、ヒッコリーウッドペレットの販売で構成されています。

木質ペレットは、乾燥させたバイオ燃料を高温高圧のペレット染料プロセスで加工した微粉末のもので、通常、熱やプロセス蒸気、電気を発生させるために燃やされます。このウッドペレットは、他の産業の副産物であるおがくずを圧縮したものです。2021年の木質ペレット市場では、欧州が最大地域となりました。アジア太平洋地域は、今後、最も急速に成長する地域になると予想されています。

市場価値は、特定の市場や地域で販売された商品および/またはサービスから、企業が販売、補助金、寄付を通じて得る収益と定義されます(通貨単位は特に指定がない限りUSD(ドル))。

特定地域の収益は、消費価値、つまり、生産地に関係なく、特定地域の組織が特定市場内で生み出した収益です。また、サプライチェーンの途中や他の製品の一部としての再販による収益は含まれません。

ウッドペレットに使用される主な原料の種類は、森林・木質廃棄物、農業残渣・廃棄物、食品廃棄物、バージン材、およびエネルギー作物です。森林・木質廃棄物資源は、木の葉、樹皮、幹の破片、枝などの混合物で、林地残材や木くずは、エネルギー生産のための重要なバイオマス資源であるウッドペレットに変換されます。ウッドペレットの製造工程では、おがくずの準備、選別、ハンマーによる打撃、ペレット化、冷却、包装が行われ、暖房、発電、熱電併給(CHP)に応用され、住宅、商業、工業の各用途に使用されます。

再生可能エネルギーに対する世界的な需要の高まりは、今後、木質ペレット市場の成長を促進すると予想されます。再生可能エネルギーとは、自然資源に由来し、消費されるよりも速い速度で補充されるエネルギーと定義されます。木質ペレットは、さまざまな木質廃棄物から作られる再生可能エネルギー源です。例えば、フランスに本部を置く政府間機関である国際エネルギー機関が発表した報告書によると、2021年には、再生可能エネルギーの使用量が3%増加しました。また、世界の発電量に占める再生可能エネルギーの割合は、2019年の27%から2020年には29%に増加しています。世界的な再生可能エネルギーの需要増が、木質ペレット市場の成長を後押ししています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]