フューチャーダイヤルの新しいSMART Receive(TM)ソリューションがプロセッシングウエアハウスでの携帯電話の受け取りと処理タスクの処理を合理化

フューチャーダイヤル株式会社(FutureDial Incorporated)

From: 共同通信PRワイヤー

2023-01-26 09:38

AsiaNet 99494 (0083)

【サニーベール(米カリフォルニア州)2023年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*設定可能なシステムにより、改修品倉庫で処理される中古携帯端末の入荷とワークフローのルーティングを大幅に改善

フューチャーダイヤル株式会社(FutureDial Incorporated)( (リンク ») )は、iPhoneおよびAndroidデバイスを改修する企業向けの画期的なソリューションの発売を発表した。フューチャーダイヤルのSMART Receive(TM)ソリューションは、在庫記録やデバイスプロセッシングなど、改修品倉庫に入荷する携帯電話の入荷タスクを一元化する。このソリューションにより、受け取りとルーティングプロセスにおけるボトルネックが解消され、ワークフローの効率が劇的に改善される。SMART Receive(TM)は、フューチャーダイヤルによる新たな業界初のソリューションで、同社のテスト(SMART Test(TM))と外観検査(SMART Grade(TM))の自動化ソリューションを補完し、Lean One Touch(TM)、LeanAlytics(TM)、SMART Mobile Inspector(TM)などフューチャーダイヤルの中核ソフトウエアポートフォリオに付加価値を与えた。

SMART Receive(TM)は、入荷した携帯電話から必要な情報を記録するためのさまざまな入荷タスクを1つのステーションに統合し、バッテリー充電やデータ消去など、ライン作業の開始時に不可欠な処理を迅速に実行する。このシステムによって多くの当て推量が排除され、倉庫で働く従業員が、作業ラインのさらに下流にある将来的なタスクのために毎日多くのデバイスを効率的に準備してルーティングするのを後押ししている。

▽モバイルサプライチェーン業務のゲームチェンジャー
SMART Receive(TM)は、モバイルデバイスの倉庫業務における入荷タスクを包括的に集約し、効率化した初めてのシステムであり、大量に入荷する携帯電話を効率的に処理するための画期的なソリューションとして評価されている。フューチャーダイヤルのSteve Manning最高戦略責任者はSMART Receive(TM)が業界にとっていかに画期的な製品であるかを強調し、「ほとんどのデバイスの改修品倉庫では、毎日大量にローディングドックに入ってくるデバイスを処理するために、複数の入荷ステーションを設置している。当社の新しいソリューションでは、1台の入荷ステーションで、入荷した携帯電話ごとに必要な準備作業をすべて処理でき、事前の仕分けは必要ない。これにより、倉庫はこれまでよりもはるかに多くのデバイスをより効率的で収益性の高い方法で記録、準備、処理することができる」と述べた。

▽より効率的なワークフローのために入荷タスクを統合
SMART Receive(TM)は、ダイナミックなワークフローガイダンスを採用し、多くのさまざまなデバイスモデルやビジネス規則に対応しながら生産性を高め、入荷タスクにおける時間を節約し、コストのかかるエラーや非効率性を低減させる。フューチャーダイヤルのSMART Receive製品ソリューションマネジャーであるAngel Anderson氏は「SMART Receiveにより、これまで別々に行われていたすべての入荷タスクを1つのより効率的なステーションに集約し、従業員の当て推量を排し、入荷担当者が自身のタスクを行う指導をする。このシステムは、入荷におけるオペレーショワークフローの順序を統合し、どのタスクをいつ優先的に行うべきかをスタッフに指示する。以前は何度も繰り返し行われていたタスクをより効率的な順序に集約してスタッフが実行することで、時間、労力、コストを削減することができる」と述べた。

▽手作業による入荷タスクを自動化
改修担当マネジャーは、デバイスの処理とルーティングを事前に設定できるため、システム主導の活動で追加のトレーニングが不要になり、新しいスタッフでも簡単にこのソリューションを操作できるようになる。これまで手作業だった多くのタスクがSMART Receive(TM)自動化ソフトウエアに集約され、スタッフはより多くのデバイスをインテリジェントにプロセッシングラインへ移動させることができる。

▽フューチャーダイヤルについて
1999年に設立されたフューチャーダイヤルは、モバイルデバイスのサプライチェーンにおけるプロセスソリューションのリーダーだ。使いやすく、ADISA認証済みの自動化されたSMART Processing Platform(TM)は、オペレーターの作業を減らし、デバイスの買い戻し・下取り企業、サードパーティーロジスティクス(3PL)、ワイヤレスキャリア、デバイスメーカー(OEM)の時間と費用を節約する。フューチャーダイヤルは、プロセスの簡素化と自動化、ワークフローの統合、業務へのインサイトの供与により、ビジネスの効率と収益性を向上させる。 (リンク ») かemail sales@futuredial.com mailto:sales@futuredial.com を参照。

▽メディア問い合わせ先
Bruce Brunger
Marketing Communications Manager
FutureDial, Incorporated
Tel: (408) 245-8880 Ext 206
Email: bruceb@futuredial.com

ソース:FutureDial Incorporated

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]