フォートナイトにZETA DIVISIONとHondaのコラボマップが登場

GANYMEDE株式会社

From: PR TIMES

2023-03-25 12:16

GANYMEDE株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:西原大輔)が運営するZETA DIVISIONは、本田技研工業株式会社(以下、Honda)とコラボレーションで、大人気オンラインゲーム「フォートナイト」のクリエイティブモードを活用して制作したオリジナルゲームマップを公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]


本作は、架空の未来都市「Honda City」を舞台に、謎解きやアスレチックなど様々なステージをクリアしていくアクションゲームです。
マップ内には「CIVIC TYPE R」や「CRF250R」など、実在するHondaの人気モビリティーが登場。さらに、未来の空のモビリティーとしてHondaが開発を進めている「eVTOL」も、プレイヤーがゲームを攻略する上で重要な鍵として登場します。

今回の取り組みは、フォートナイトをメタバースプラットフォームとして捉え、様々なチャレンジを進めているZETA DIVISIONと、新しい表現領域での創作活動に励むクリエイターを後押ししたいというHondaの思いが合致したことがきっかけでスタートしました。

制作を手掛けたのは、ZETA DIVISIONに所属するマップビルダーNeverty7、yappy、Ta-Keyの3名。
いずれもフォートナイトクリエイティブのシーンにおいて、世界的に高い評価を得る日本のトップクリエイターです。
約3ヶ月の制作期間を経て、プレイヤーの挑戦心を昂らせるゲーム性と、独自の世界観に没入させる造形美を兼ね備えた、ハイクオリティなマップを作り上げました。

こちらのゲームマップは、フォートナイトのゲームメニューでマップコード(8128-7313-3254)を打ち込むことで、誰でも無料でプレイすることが可能です。
※この作品はEpic Gamesによりスポンサー、支援、または運営されるものではありません。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]



<ゲーム概要>
タイトル:Honda City
マップコード:8128-7313-3254
※フォートナイトのゲームメニューでマップコードを打ち込むことで、誰でも無料でプレイすることが可能です。

<マップクリエイター>
Neverty7: (リンク »)
yappy: (リンク »)
Ta-Key: (リンク »)


Hondaについて


[画像8: (リンク ») ]

Honda は、「自由な移動の喜び」を叶えるトータルモビリティカンパニーとして、
四輪・二輪・パワープロダクツ・航空機および航空機エンジン・ロボット技術の各分野で独創的なものづくりを実践。
技術・ノウハウを連携することで、未来の可能性を切り拓く次世代モビリティや人々の暮らしに役立つ製品を生み出し続けています。

WEBサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)


ZETA DIVISIONについて


[画像9: (リンク ») ]

ZETA DIVISIONは、東京に本社を置く日本発のゲーミングライフスタイルブランドです。ゲーマーとそれを取り巻くカルチャーをより豊かにし、新しいクリエーターを探し、次世代の文化を形成します。既存の文化にとらわれない新たなスタイルを発信しつづけ、ゲーミングカルチャーが広く親しまれる共通の価値観として確立した未来を目指し、活動してまいります。

WEBサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Instagram: (リンク »)
YouTube: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]