拡張現実市場、2031年に4,466億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2023-06-09 10:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「拡張現実の世界市場:コンポーネント別、技術別(仮想現実、拡張現実、複合現実)、エンドユーザー別:機会分析と産業予測、2021-2031年」(Allied Market Research)の販売を6月8日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要と動向
世界の拡張現実市場は、2021年に330億米ドルの規模に達しました。2022年から2031年にかけて、市場は30.1%のCAGRで成長し、2031年には4,466億米ドル規模に達すると予想されています。

拡張現実(XR)とは、没入型技術全般を指す新しい造語のことです。AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)など、人間がすでに持っているものだけでなく、現在も開発中のものも含まれます。仮想世界と「現実」世界を融合させたり、完全に没入した体験を生み出したりすることで、すべての没入型テクノロジーは現実の人間の体験を拡大させます。最近の調査によると、回答者の60%以上が、今後5年間でXRが広く使われるようになると考えています。拡張現実(XR)は、人々が仮想的に場所を訪れ、実際にそこにいるかのような感覚を味わいながら、他者とつながることを可能にします。そのため、AR、VR、MRの3つの技術が融合しています。XRは、現実世界でのインタラクションを、コンピュータで生成した画像や仮想環境と融合させたものです。現在、オンボーディングや社員研修など、企業の採用プロセスの多くで利用されています。
拡張現実への投資の急増と医療業界でのXR導入の増加が、拡張現実市場の主な成長要因となっています。しかし、XRデバイスの過度な使用は健康に悪影響を及ぼし、COVID-19パンデミックによる世界的な景気後退が市場の制約要因となっています。一方で、5G技術の継続的な進歩は、予測期間において市場成長のための有利な機会をもたらすことが期待されています。

拡張現実市場:技術別
技術別では、バーチャルリアリティ(VR)セグメントが2021年の拡張現実市場の成長を支配し、今後数年間もその優位性を維持すると予想されます。これは、コンピュータ技術を使用してシミュレーション環境を作り出すことに起因しています。従来のユーザーインターフェースとは異なり、VRはユーザーを体験の中に閉じ込めます。つまり、ユーザーは目の前のモニター画面を見るのではなく、3次元の世界に没入し、対話することができるのです。近年、バーチャルリアリティ技術は、ゲーム分野でもその地位を確立しています。しかし、医療業界、小売業界、Eコマース業界では、AR機器やアプリケーションの需要が高いため、拡張現実が最も高い成長を遂げることが予想されるセグメントとなっています。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]