東芝テック、新型「ピピットセルフ(カートタイプ)」を発売〜商品登録漏れをお知らせする機能を搭載した売場移動型セルフレジシステム〜

東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)

From: valuepress

2024-02-07 16:00

 東芝テック株式会社は、 食品スーパーマーケットなどの小売店や量販店向けに展開している売場移動型セルフレジシステム「ピピットセルフ(カートタイプ)」に、商品登録漏れをお知らせする機能を搭載した新型カートの発売を 4 月 15 日に予定しています。本製品は、2 月 14 日から 16 日に幕張メッセにて開催される『スーパーマーケット・トレードショー 2024』および 3 月 12 日から 15 日に東京ビッグサイトにて開催される『リテールテック JAPAN 2024』の東芝テックブースに展示します。

 東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:錦織弘信、以下「東芝テック」)は、食品スーパーマーケットなどの小売店や量販店向けに展開している売場移動型セルフレジシステム「ピピットセルフ(カートタイプ)」に、商品登録漏れをお知らせする機能を搭載した新型カートの発売を4月15日に予定しています。


[資料: (リンク ») ]

 なお本製品は、2月14日から 16日に幕張メッセにて開催される『スーパーマーケット・トレードショー 2024』および3月12日から15日に東京ビッグサイトにて開催される『リテールテックJAPAN 2024』の東芝テックブースに展示します。

 流通・小売業の人手不足が進むなか、当社はお客様が買い回りをしながら商品登録ができる売場移動型セルフレジシステム「ピピットカート」を2019年に発売しました。商品登録漏れをお知らせする機能を新たに搭載した本製品は、商品登録操作をしていない商品が買い物かごに入った場合には「商品スキャン忘れ」のポップアップをタブレット型のディスプレイに表示します。同様に、登録商品をキャンセルした際、商品が買い物かごから取り出されなかった場合には「商品戻し忘れ」のポップアップを表示します。これにより商品登録漏れやキャンセルした商品の戻し忘れを防ぎ、お客様への安心安全な買い物の提供をサポートします。


[資料: (リンク ») ]

 また、これまでの「ピピットセルフ(カートタイプ)」では、搭載しているバッテリーをカートから取り出して充電をしていましたが、今回発売する新型の「ピピットセルフ(カートタイプ)」では、専用の親電源に先頭のカートを接続し、その後ろにカートを連結させていくことでバッテリーをまとめて充電することが可能で、店舗オペレーションの効率化に寄与します。


[資料: (リンク ») ]

 東芝テックは今後も、安心安全な買い物の場の提供とDXを支援するソリューションを創出し、消費者と店舗の双方に新たな価値を提供してまいります。

<新型「ピピットセルフ(カートタイプ)」の特長>
消費者のメリット
・本カート型セルフレジで商品登録は完了しており、レジには並ばずに直接会計機で支払うことができるため、店舗でのレジ待ち時間を短縮します。
・買い物をしながら商品に関するお得な情報をタブレットで閲覧することができます。
・商品の登録漏れやキャンセルした商品の戻し忘れをお知らせする機能により、安心安全な買い物をサポートします。

店舗のメリット
・レジ業務の軽減により人手不足の課題解決に貢献します。
・当社の既存システムとの親和性が高く、追加システムとして導入が可能です。
・カートを連結させることでバッテリー充電ができるため、店舗オペレーションの効率化に寄与します。
<新型「ピピットセルフ(カートタイプ)」の発売概要> 
◇商品名           :ピピットセルフ(カートタイプ)
◇発売日           :2024年4月15日(予定)
◇発売地域        :全国 
◇販売予定数     :12,885台/5年間
◇販売ターゲット    :小売店・量販店など


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]