サイボウズ、管理者負担を軽減した「サイボウズ ガルーン2」を発売

エースラッシュ 2005年06月30日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは6月30日、ポータル型グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」を発売した。価格は50ユーザーで60万円。販売は内田洋行やNECなど8社のパートナー企業経由で行われる。

 「サイボウズ ガルーン2」は、大規模環境でのグループウェア利用における管理者負担を軽減するために、システム管理機能を強化し、「ロール設定機能」「ログ管理機能」「管理権限委譲機能」の3つの機能を追加した。 「ロール設定機能」では、ユーザーを所属による縦割りだけではなく、役職や属性などの横割りで管理ができる。「ログ管理機能」はログインやダウンロード、書き込み等の情報を管理する。また「管理権限委譲機能」で管理権限の一部を他ユーザーに任せることにより、システム管理者の負担を軽減することも可能だ。

 さらに、各社のクラスタリングソフトとの連携、ウィルス対策ソフトの利用などを行うことで、安定したシステムが運用できるようになる。また、システム管理者の負担を軽減できるよう、パートナー企業と協業して様々なソリューションを提供するという。同社では今後1年間の販売目標として、500社への導入を目指している。

サイボウズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR