インテック、マイクロソフト、日本HPの3社がBIシステム提供で協業

エースラッシュ 2005年11月21日 19時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテック、マイクロソフト、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の3社は11月21日、流通業・小売業・外食産業などのチェーンストアにむけたビジネスインテリジェンス(BI)システムの提供において協業すると発表した。

 今回の協業は、多様化が進む市場ニーズに応えるために必要とされるBIシステムの提供を目的としたもの。マイクロソフトの統合データマネジメント・分析プラットフォームである「Microsoft SQL Server 2005」のIA64版と、日本HPのItanium2プロセッサを搭載した「HP Integrity Superdome」をシステム構築のベースとして、インテックの業務分析型BIテンプレートを組み合わせて提供する。

 マイクロソフトは協業にあたって、マイクロソフト・エグゼクティブブリーフィングセンターを活用した共同セールスや、システム提案におけるサイジング支援、大規模システムのパフォーマンス検証支援、共同セミナーの開催などの支援をする。またインテックは、専任スタッフによるシステム立案や構築、運用までの統合サービスを提供する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!