三菱東京UFJ銀行、大規模リスク管理システム構築にオープンソースの「Seasar2」を採用

CNET Japan Staff 2006年07月20日 16時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通国際情報サービス(ISID)は7月19日、オープンソースのJava開発フレームワークであるSeasar2が、三菱東京UFJ銀行の大規模リスク管理システムの構築で採用されたことを発表した。

 今回対象となるのは、三菱東京UFJ銀行における市場系取引のリスク管理を担う中核システム。2007年度より順次本番稼動を予定している。稼動環境には、HP ProLiant BL20pを52台連携させたブレード・サーバとにRed Hat Enterprise Linux ES4を採用する計画だ。同行のグループ会社であるUFJISがシステムインテグレーションを担当し、ISIDがSeasar2を利用したシステム開発を担当する。

 三菱東京UFJ銀行では、大規模なミッション・クリティカル・システムに先進技術を低コストで導入し、かつ開発を効率化したいというニーズがあった。そこで、UFJISとISIDは、オープンソースJava開発フレームワークであるSeasar2を提案。Java開発におけるオープンソースの先端技術の利用を、ISIDの「Seasar2商用サポートサービス」と組み合わせることで、信頼性を高めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!