ゼンド、PHPアプリケーションサーバ「Zend Platform」日本語新版をリリース

CNET Japan Staff 2007年03月26日 20時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは、PHPのアプリケーションサーバ「Zend Platform(ゼンド・プラットフォーム)日本語版」の最新版 「Zend Platform 3.0 日本語版」の出荷を4月1日から開始する。

 新版では、簡単に帳票イメージを作成できる帳票エンジンや、日時指定や条件指定でPHPコードを実行できるジョブキューなどを新規搭載。SNMPをサポートし、PHP 5.2.xに対応。Zend Studio 5.5 日本語版と連携できるようになった。

 今回、機能拡張に伴い、「Performance Management Server(PS)」と「Enterprise Server(ES)」の2つのエディションを用意している。PSの年間ライセンスは1CPUで15万円から。EXの年間ライセンスは1CPUで50万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?