編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日本IBMとゼンド、業務サーバ用OS「i5/OS」向けPHP製品群を提供へ

ニューズフロント

2006-08-17 20:25

 日本IBMとゼンド・ジャパンは8月17日、業務サーバ「IBM System i5」用OSである「i5/OS」上で稼働するPHP製品群「Zend Products for i5/OS」(日本語版)を発表した。同製品群のうち、PHP言語環境「Zend Core for i5/OS」と統合開発環境「Zend Studio for i5/OS」は、8月末日に提供を開始する。

 PHPは、オープンソースのウェブアプリケーション向けスクリプト言語。ゼンドは、これまでUNIX/Linux、Windows向けの各種PHP関連製品を提供しており、今回新たにi5/OSに対応した。

 両社によると、「従来、System iを使用しているユーザーが企業のウェブフォーラム、Wikiやブログなどのウェブアプリケーションを構築するためには、数カ月の工数が必要」だったという。これに対し、Zend Products for i5/OSを導入すると、公開済みPHPコンポーネントがSystem i上で利用可能となるため、「ウェブアプリケーションを約1カ月以下の短期間で導入できる」(両社)。さらに、PHPコンポーネントを利用せず独自開発する場合に比べ、約5割の開発コスト削減が可能となる。

 Zend Products for i5/OSは、2006年8月末より提供するZend Core for i5/OS(税込み価格は18万4000円)およびZend Studio for i5/OS(同7万4000円)に加え、PHPコード向け暗号化/中間コード化ツール「Zend Guard for i5/OS」(提供開始予定は2006年12月)とPHPサーバ管理基盤「Zend Platform for i5/OS」(同2006年10月)の4製品で構成する。

 ゼンドでは、技術情報やソフトアップデートをインターネット経由で提供するサービス「Zend Network」についても、国内提供を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]