編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

日本BEA、SOA対応統合ソリューションの最新版「BEA WebLogic Integration 9.2J」を発表

CNET Japan Staff

2007-02-22 19:30

 日本BEAシステムズは2月22日、アプリケーション、プロセスおよびビジネスユーザーを有機的に連携する統合ソリューション製品の新バージョン「BEA WebLogic Integration 9.2J」の出荷を開始した。

 また同時に、既に出荷されているJ2EEアプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server 9.2J」および企業ポータル「BEA WebLogic Portal 9.2J」とBEA WebLogic Integration 9.2Jを組み合わせたスィート製品「BEA WebLogic Platform 9.2J」も出荷が開始されている。

 BEA WebLogic Integration 9.2Jは、個別最適化されたシステムを連携し、SOAベースのエンタープライズ統合の実現を支援する統合ソリューション製品。企業が変化に迅速に対応できるシステム連携基盤を提供する。

 最新バージョンでは、Eclipseベースのビジュアルプロセス設計環境により、統合コンポーネントやアプリケーションロジックの作成、テスト、デプロイを簡略化し、統合プロジェクト完了までの時間を大幅に短縮することが可能。複雑なプロセスシナリオをドラッグ&ドロップで設定することで、プロセスおよびそのプロパティをリアルタイムに構築、表示、変更することもできる。

 また、Apache Beehiveプロジェクトに準拠した各種コントロールやJSR-175 Javaアノテーションに基づいた標準ベースのコード生成など、より一層の標準化がなされたほか、統合プロセスを迅速に設計、自動化し、エンドツーエンドで監視できる環境も提供する。

 WebLogic Integrationは、単体でアプリケーション統合機能を提供するが、「BEA AquaLogic Data Services Platform」や「BEA AquaLogic Service Bus」と併用することで、SOA環境に対応したエンタープライズ統合ソリューションを実現することも可能だ。

 価格は、WebLogic Integration 9.2Jが1CPUあたり1170万円、WebLogic Platform 9.2Jが1CPUあたり1566万円(共に税別)。BEA WebLogic Integration 9.2JおよびBEA WebLogic Platform 9.2Jの無料評価版は、日本BEAのウェブサイトからダウンロードできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]