日本BEAシステムズ株式会社:記事一覧

最新記事

  • BEA製品を継続、顧客の投資保護する--オラクルのミドルウェア新戦略

    オラクル社長と元BEAの社長2人が、BEA製品を統合した、国内の新しいミドルウェア戦略を改めて説明した。

    2008年08月04日

  • Oracle、BEAを買収:紆余曲折の末今年半ばに

    OracleがいよいよBEA Systemsを買収する。買収額は総額85億ドル、全額現金の取引となる。Oracleが16日明らかにしたもの。

    2008年01月17日

  • BEA、AquaLogic Data Services Platform 3.0発表

    BEAがAquaLogic Data Services Platform 3.0を発表した。

    2007年12月12日

  • BEA、AquaLogic Service Bus 3.0発表

    BEA SystemsがAquaLogic Service Bus 3.0を発表した。

    2007年12月12日

  • BEAWorld 2007 上海が開幕:SaaSプラットフォームとしてのGENESIS

    BEAが上海で国際カンファレンスを開催中だ。オラクルによる買収提案で何かと騒がしい周辺をよそに、同社創業者は、まずは故郷に錦を飾っている。

    2007年12月12日

  • SOAとAjaxへの適応進める次期WebLogic

    日本BEAシステムズは次期アプリケーションサーバー「WebLogic Server 10.3」について都内で説明した。BEA Senior Product Marketing of WebLogicのMikePiech氏によれば、バージョン10.3は特に柔軟性に重点の置かれたものとなるという。

    2007年11月15日

  • 課題解決策として提示、効果の明確化で前進--SOA導入の肝要、BEAユーザー論じる

    BEA Japan Forum 2007におけるパネルディスカッション「ユーザ企業のアーキテクトが語るSOA導入の勘所」では、出光興産 情報システム部 システム総合研究所 情報技術課チームリーダーの澤井隆慶氏、NTTドコモ プロダクト&サービス本部 プラットフォーム部 IPシステム開発第二担当 担当課長の斎藤剛氏、三井住友海上火災保険 IT推進部 システム基盤チーム 課長代理の田中敦史氏が登壇、日本BEAシステムズ プロフェッショナルサービス本部 エンタープライズアーキテクトの岡嵜禎氏と同社SOAシステム

    2007年11月09日

  • BEA、Tuxedo 10.0を発表

    日本BEAシステムズは2日、「BEA Tuxedo 10.0」を発表、同日より出荷を開始した。WebサービスやSSLなどのサポート改善により他システムとの接続を容易にしたほか、アプリケーション監視機能も強化されている。

    2007年11月02日

  • Javaは死んじゃうの?(新着ブログより)

    Javaプラットフォームは生き残るのだろうか?エンドユーザーは独自のアプリケーションをデザインできるように認められるべきなのか。BEAのチーフアーキテクトを務めるPaul Patrick氏はこれらのトピックについて興味深い見解を示した。

    2007年10月22日

  • SOA全社導入を支援--BEAがSOAコンサルメニューを刷新

    日本BEAシステムズは同社のSOAコンサルティングメニューの刷新を発表した。企業におけるSOAの全社導入を視野に入れ、同社のSOA案件の実績やグローバルで培った方法論を生かしたものとなる。新メニューは18日より提供が開始される。

    2007年10月18日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]