日本NCRの社長に三ツ森隆司氏が就任--細井氏は会長に

CNET Japan Staff 2007年04月24日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本NCRは4月24日、2007年4月19日に開催された取締役会において、代表取締役の異動について決議したことを発表。2007年5月1日付けで、新しい代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)に三ツ森隆司氏が就任することを明らかにした。

日本NCRの三ツ森氏 2007年5月1日付けで日本NCRの代表取締役社長兼CEOに就任する三ツ森隆司氏。

 三ツ森氏は、2006年5月1日に日本NCRに入社。執行役員副社長として流通システム本部を指揮し、2桁成長を達成。2002年以降、大きく下降線をたどっていた同社の業績をV字回復させることに貢献した。

 同氏は、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、電通国際システム(現電通国際情報サービス)を経て、1997年コンパック・コンピュータ(現日本ヒューレット・パッカード)の要職を歴任。

 その後、1998年にコンピュータ・アソシエイツ・インターナショナル(CA)の日本代表であるコンピュータ・アソシエイツの代表取締役社長に就任。日本・韓国地区ゼネラルマネジャーとして、1999年から2002年にかけて同社の売上を3倍に伸ばした実績がある。

 なお、現在の代表取締役社長兼CEOである細井英樹氏は、取締役会長に就任する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!