シマンテック、アプリケーション性能管理「Symantec i3」最新版を発売

吉澤亨史 2007年09月18日 20時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは9月18日、包括的なアプリケーションパフォーマンス管理(APM)製品群の中核的な製品として「Symantec i3」の最新版となる8.0の国内での提供を開始した。

 Symantec i3は、ビジネス上で重要なアプリケーションに影響を及ぼすパフォーマンスやアベイラビリティ(可用性)に関するボトルネックを能動的に監視、分析、診断するもの。最新版では、SmartLinkテクノロジーを向上させたことで、複雑な多層アプリケーションの中でパフォーマンス上の問題がどこに存在するのかを迅速に特定することが可能になった。

 また、SmartLinkとSmarTune機能が、新たにMicrosoft SQL ServerとMicrosoft .NETにも対応した。主要なパフォーマンス問題の概要をひとつの画面上に表示できるほか、SmarTuneのJ2EEライブラリには、大幅に拡張されたJ2EEのナレッジベースが採用された。

 新しくソフトウェア開発キット(SDK)が追加され、ユーザーやパートナー企業は、既存のアプリケーション、カスタマイズしたアプリケーション、パッケージのアプリケーションのいずれに対しても付加価値の高いソリューションを構築し、共通する単一の画面でアプリケーションのパフォーマンスを把握することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR