編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

シマンテック、アプリケーションパフォーマンス管理ソフト「Symantec i3 7.5」を発表

CNET Japan Staff

2006-02-09 15:48

 Symantecは2月6日、アプリケーションパフォーマンス管理ソフトウェア「Symantec i3」(旧称:VERITAS i3)の最新版「Symantec i3 7.5」の販売活動を開始すると発表した。

 最新バージョンのSymantec i3 7.5では、パフォーマンス上の問題検出、原因分析、.NETアプリケーションへの対応、J2EEプラットフォームのプロアクティブな管理が可能になった。また、Sybaseデータベース環境を新たにサポートしている。

 中でも、J2EEアプリケーションのパフォーマンスとアベイラビリティを確保するために、Symantec i3 for J2EEは、IBM WebSphere Portal ServerやBEA WebLogic Portal Server向けのポータルサーバ管理機能をはじめ、カスタマイズ可能なダッシュボード、およびユーザー定義型のJ2EE Instrumentationモード、メモリリーク検出機能などを備えている。

 英語版は、2月24日に出荷を開始する予定で、日本語版の出荷開始は2006年4月を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]