編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

シマンテック、環境に合わせセキュリティ情報を通知するサービスの新版を提供

ニューズフロント

2006-01-19 16:22

 シマンテックは1月19日、セキュリティ情報を通知するサービスの新版「Symantec DeepSight Threat Management System 7.0」で、特定ドメインを狙う攻撃について警告するなど、提供情報をユーザーごとに特化させると発表した。新しいサービスは、1月末より利用可能となる。

 同サービスは、脆弱性などITセキュリティの脅威を分析し、ユーザーに情報や対策などを通知する早期警告サービスである。新版には、特定ドメインを狙った攻撃を通知する機能のほか、マルウェアやアドウェアなどについて警告する機能を追加した。

 ユーザーの環境に合わせて警告内容を加工し、ユーザーにとって有益な情報だけを通知するため、IT管理者は膨大な脆弱性情報の選別に追われることがなくなり、「自社のインフラを守ることにリソースを集中できる」(同社)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]