BEAWorld 2007 上海が開幕:SaaSプラットフォームとしてのGENESIS

冨田秀継(編集部) 2007年12月12日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsは中国・上海のShanghai International Convention Centerにおいて、国際カンファレンス「BEAWorld 2007 上海」を開催している。BEAWorldを上海で開催するのは2004年に続き2回目。成長著しいアジア太平洋地域の顧客、パートナーを中心に、中国内外から5000人以上の参加者が集った。

 12月12日、13日の2日間に渡って開催されるBEAWorld 上海では、BEA Systemsの創業者でチェアマン、社長兼CEOのAlfred S. Chuang氏の基調講演のほか、同社エグゼクティブによる「GENESIS」のデモンストレーションも予定されている。上海生まれのChuang氏は、故郷に錦を飾る格好だ。また、大日本印刷をはじめ、30社以上の同社顧客が成功事例をプレゼンテーションするセッションも設けられている。

会場 あいにくのお天気となった初日だが、初日は5000人を超える参加者が来場した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?