H.264ベースの独自方式採用した会議システム提供--1カ月1万5000円

田中好伸(編集部) 2008年07月28日 17時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国DideoNETの日本法人であるDideoNET-JAPANは7月28日、動画エンコード方式「H.264」をベースに独自のコーデック方式を採用したタイムシェア(時間貸し)方式のテレビ会議システム「SUGU MEET」の提供を開始したことを発表した。

 SUGU MEETはASP方式で提供され、必要な時間だけ使用できる。利用価格は、1カ月に16時間までの使用で1万5000円となっている。

 SUGU MEETのコーデック方式は、H.264をベースにした「SMV2」と呼ばれる独自のコーデック方式を採用。これにより、既存サービスと比べて2ランク上の画質を実現しているという。遅延も2秒以内と、従来のものと比べて少ないと同社では説明している。画質のビットレートは100kbps〜300kbps、1秒間あたりのフレーム数は30となっている。

 ASP方式を採用することで、初期の高額の投資設備が不要。1回2時間で、1カ月8回会議を開催することを想定して、16時間までの使用で1万5000円という価格を設定している。ユーザーIDの発行は無料、無制限であることから、運用条件によるコスト増を心配することもないとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?