『ネットビジネスにおける事業モデルの転換の実際』

Eビジネス研究所 2006年01月06日

開催場所: 東京

開催日:  2006年2月9日

申込締切日: 1970年1月1日

第66回「Eビジネス研究会」   平成18年2月9日(木)
 

■第1部■ セミナー

テ ー マ:
『ネットビジネスにおける事業モデルの転換の実際』
~懸賞サイト「MyID」から価格比較サイト「ECナビ」へ
の転換~

Eビジネスマイスター:
株式会社ECナビ 代表取締役CEO 宇佐美 進典 氏
--------------------------------------------------
【セミナー概要】

 事業には『導入⇒成長⇒成熟⇒衰退』というライフサ
イクルが必ず存在します。
ドッグイヤーという言葉があるようにインターネットで
は、1つの事業のライフサイクルは3~5年。そのため、
現在の稼ぎ頭となっている事業のみに会社全体の経営を
依存していると、時代の変化にすぐに取り残されてしま
います。

 時代に取り残されないようにするためにはどうすれば
良いのか。懸賞サイト「MyID」として立ち上げたサービ
スを、価格比較サイト「ECナビ」へ変更するまでの経緯
とその背景、またそれらをどのように組織マネジメント
してきたのかということを、実体験をもとに事例を交え
ながらご紹介させていただきます。

 また、今後の価格比較サイトを取り巻く環境がどのよ
うに変わり、またそのなかで「ECナビ」がどのような戦
略を取っていくのかということもお話させて頂きたいと
思います。

1. 起業とこれまでの軌跡
  -事業モデルの変遷

2. 事業モデル転換とその組織マネジメント
  -その当時に考えた将来の予測
  -事業モデル転換意思決定までの経緯
  -危機意識をいかに全社で共有するか
  -事業モデル転換において気をつけること

3. 価格比較サイトの今後
  -価格比較サイトからショッピングサーチへ
--------------------------------------------------
【プロフィール】

●株式会社ECナビ 代表取締役CEO 宇佐美 進典 氏

コンサルティング会社に勤務後、
1999年10月(株)アクシブドットコム(現在(株)EC
ナビ)を設立、取締役COOに就任(現 代表取締役CEO)。
2004年7月に創業時から運営してきた懸賞サイト
「MyID」を価格比較サイト「ECナビ」へ転換。
2005年3月、親会社である(株)サイバーエージェント
の執行役員に就任し、メディア部門の副統括及びシステ
ム全般を担当。
2005年11月にサイボウズ株式会社と合弁でビジネス向け
ポータルサイトを運営するcybozu.net株式会社を設立し、
同社代表取締役CEO就任(現任)。
早稲田大学商学部卒業。
--------------------------------------------------
■第2部■ ワークショップ
      ~Eビジネスのトレンドを学ぶ~

テ ー マ :
『E-Commerceでの
「インテリジェントマーケティング」の実践』
~次世代Web解析 「SiteCatalyst」~
     
プレゼンター:
Omniture Inc. APAC営業ディレクター
尾辻 マーカス 氏

インターネット広告市場が急成長するなか、企業が目指
すものは「利益を出すWebサイト」にシフトし、さらにR
OI志向が高まっています。単純にWebサイトへの誘導の
増加ではなく、コンバージョン率の向上が求められる中
で、Web解析は注目を集めています。

オムニチュアは、ROIの高いWebサイトにするにはWebサ
イトでのビジネスゴールを測定可能な指標で定義し、効
果測定検証し、Webサイトの改善を継続的に行う、とい
うサイクルで実現される「インテリジェントマーケティ
ング」が重要だと考えます。

今回のワークショップでは、e-Commerceサイトでの「イ
ンテリジェントマーケティング」にフォーカスし、成功
の鍵を分かりやすくご説明いたします。ワークショップ
前半ではe-CommerceサイトでのKPI定義からWebサイト最
適化までのプラクティカルな側面から、後半は主に米国
の主要なe-Commerceサイトでのサイトカタリストの先進
事例を中心にご紹介してまいります。

1.Omniture(オムニチュア)SiteCatalyst(サイトカ
タリスト)の概要

2.e-Commerce成功のための4つのステップ
 -成功指標の定義
 -効果測定
 -共有
 -最適化

3.導入事例
 -米国主要ECサイトでの活用事例
  紹介事例の一部:Overstock, eBay,
  Discovery Channel Store, Meredith等

■商品・サービスのプロフィール
Omniture(オムニチュア)SiteCatalyst(サイトカタリス
ト)
ASP Webビーコン型のWeb解析ソリューション。
サイトカタリストはWebサイト訪問者のサイト内での動
向をグラフィカルに表示してマーケティングの効果測定
をリアルタイムで行うことができます。拡張性、柔軟性
が高く、Webブラウザでアクセスできるインターフェー
スを備えているため簡単な操作で多角的な分析を迅速に
行うことが可能です。
同様のソリューションの中でも1996年製品提供開始と歴
史は長く、その実績とWebマーケティングに関するノウ
ハウを反映した豊富な機能が評価され、世界の優良企業
に多く導入されております。
--------------------------------------------------
■第3部■ 懇親パーティー

「宇佐美 進典 氏を囲んで名刺交換&懇親パーティー」

 Eビジネスマイスターとの貴重な名刺交換や情報交換
はもちろん、異才人が集まるこの懇親パーティーで人脈
の形成がバッチリできます。全員と名刺交換をし、明日
のビジネスに役立ててください。ご希望があれば、コー
ディネートのお手伝いもします。
※名刺をたくさんお持ち下さい。
--------------------------------------------------
□ 日程   2月9日(木)                
     
□ 時間   受 付      18:30 ~
       セミナー・Q&A 19:00 ~20:10
       ワークショップ  20:15 ~20:45
       懇親パーティー  20:50 ~22:00

□ 場所   ちよだプラットフォームスクウェア 5F
      (地図 (リンク ») )

□ 住所   〒101-0054
       東京都千代田区神田錦町3-21
       ○東西線 竹橋駅 3b
        KKRホテル東京玄関前出口 徒歩5分
       ○三田線 神保町駅 A8出口 徒歩10分
       ○新宿線 神保町駅 A8出口 徒歩10分
       ○半蔵門線 神保町駅 A8出口 徒歩10分

□ 参加費  セミナー当日、受付にてお支払い下さい。
       名刺を2枚ご用意下さい。
      (名札用と受付用)
       ※プレスの方は
       (リンク »)
       よりお問い合わせ下さい。

      【登録メンバー】

       6,000円(すべて含む)*学生は500円引き

       第1部 セミナー
            +
       第2部 ワークショップ
            +
       第3部 懇親パーティー
          (軽食・ドリンク付)

      【未登録メンバー】
       上記金額にプラス1,000円
      (安心してご参加いただけるように、
       事前メンバー登録にご協力ください。)

□ 定員   60名
      ( 申込み先着順・定員を超えた場合は、
       お断りすることがございます。)

□ 協力    首都圏情報ベンチャーフォーラム
       首都圏コンピュータ技術者協同組合
       ちよだプラットフォームスクウェア

□ 後援   全国デジタル・オープン・ネットワーク
       事業協同組合
       首都圏コンピュータ技術者協同組合

お申込みはこちらから→→→ (リンク »)

※上記内容は、予告なく変更される場合がございます。
※ネットワークビジネス、宗教目的等の方お断りいたし
ます。

【この件に関するお問い合わせ先】 
Eビジネス研究所 
代表理事 木村 誠

東京都足立区千住3-6 ツォード千住 壱番館901
TEL:03-5813-5085 FAX:03-5813-5086

お問い合わせ可能時間帯:10:00から18:00まで
e-mail:event@u-stage.jp
ホームページ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

Eビジネス研究所の関連情報

Eビジネス研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?