インターネット活用セミナー 『あなたの会社と商品を話題にさせる集客術』 ~アフィリエイトとインターネットPRで相乗効果を狙う~

2006年05月30日

開催場所: 東京

開催日:  2006年7月13日

申込締切日: 2006年7月12日

A8.net主催
『あなたの会社と商品を話題にさせる集客術』
インターネット活用セミナー /7月13日(木)・東京

~アフィリエイトとインターネットPRで相乗効果を狙う~


■13:30~14:30 
株式会社ファンコミュニケーションズ A8.net (リンク »)

『アフィリエイト最新動向と具体的運用法』
日本最大級のネットワークを誇るA8.netが6年間、4,000社以上のクライアントより蓄積した実績データと経験をもとに基礎から簡単な運用までをご紹介いたします。また、ネットビジネスにおいてのロングテール現象が、アフィリエイト広告にも当てはまることを、例を交えてご説明します。


最後に質疑応答のお時間をご用意しております。

■休憩 14:30~14:40

■14:40~15:40 
株式会社ニューズ・ツー・ユー (リンク »)
代表取締役 神原 弥奈子 氏 
『ネットPR概論』
~Web2.0時代は、ニュースが効く!~
・ホームページを自社のメディアに
・自社のメディアに人を集める
・ニュースリリースは優良コンテンツ
・自社ホームページでビジネス展開

最後に質疑応答時間設定あり。

【講師プロフィール】
株式会社ニューズ・ツー・ユー 代表取締役 神原 弥奈子 氏  (リンク »)
1993 年学習院大学大学院修士課程修了。同年株式会社カプスを設立。1995年からウェブサイト制作に関わり、エンタテイメントからITまで、幅広いジャンルの コンテンツの企画・制作に携わる。2001年、株式会社ニューズ・ツー・ユー設立、代表取締役に就任。2002年、 株式会社カプスを株式会社ニューズ・ツー・ユーに事業統合。
現在、「News2uリリース」 (リンク ») 、 「News2u IR」等の企業のニュースリリースを大手サイトに掲載するサービスや社長ブログサービス( (リンク ») 、 電子社内報を中心に企業のインターネットを活用した広報支援を展開している。自らも社長ブログであるminako's blog( (リンク ») で企業動向とプライベートを日々更新する。

--------------------------------------------------------------------------
【 開催日程 】 7月13日(木)13:30~15:40(受付開始13時00分~)
※当日は、13時00分より受付を開始します。
開始直前の受付は、混雑が予想されますのでお早めに受付をお済ませいただきますようお願いします。
【 開催場所 】 東京都渋谷区渋谷1-1-8青山ダイヤモンドビル8階
弊社会議室     地図
【 定員数 】 40名(申込先着順、定員に達し次第、締め切らせていただきます)

【 料  金 】

■事前入金の場合2,000円

■当日お支払いの場合3,000円
どちらの場合も領収書を発行いたします。当日、お申し出下さい。


【お支払い方法】
■事前入金(2,000円)
銀行振込み クレジットカード決済 
【 銀行振込み時のお振込み先 】
 三井住友銀行(0009)渋谷駅前支店(234)普通 3612266
 口座名義:株式会社ファンコミュニケーションズ

■当日お支払い(3,000円)
※当日お支払いの場合のセミナー代金は「3,000円」になります。
当日、受付時にご用意いただきますようお願いします。当日お支払いの場合も、下記、「セミナー申込み当日お支払い用ボタン」より事前にお申込み下さい。


セミナー申し込み(事前入金される方用/2,000円)
セミナー申し込み(当日お支払いされる方用/3,000円)

■当セミナーについてのお問合せ
 株式会社 ファンコミュニケーションズ
 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル4F
 TEL;03-5766-3780

関連情報へのリンク »

のイベント

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?