ISO20000スタートアップガイド

株式会社JMCリスクソリューションズ 2006年06月15日

開催場所: 東京

開催日:  2006年6月27日

申込締切日: 2006年6月20日

2005年11月に、新たな国際規格としてISO20000が制定されました。
にわかに注目を浴びだしたISO20000とは果たしてどのような規格なのでしょうか。

ISO20000は元々、効果的なITの活用方法について成功事例をまとめたITILを
元にして策定された、ITサービスを管理する社内体制を構築する上での
標準をまとめたものです。そのため、ISO20000はITサービスマネジメント(ITSM)の
規格であるとされています。ITSMは、ITを効果的に管理するための指標として
SLA(サービスレベルアグリーメント)を提示し、SLAを達成するための計画を
実現することによって、サービス品質の安定化をはかるものです。

このITSMの実現により、組織は自社のサービスを安定供給するための課題を
解決し、顧客は安定したサービスを受けることで、ITサービスの停止などによる
事業損失のリスクを軽減することができます。また、国内の施策としてはじまる
e-Japan2には、情報インフラの安定供給が盛り込まれているため、
今後もニーズが高まる可能性のある規格であると考えられています。

今回のセミナーではいまだ数少ないISO20000構築支援を経験した
コンサルタントが、丁寧に基礎から最新の情報までお話しします。
規格をより理解していただくために、解釈用テキストの配布と講義終了後には
個別のご相談にも応じる予定です。

---------------------------------------------------

講座スケジュール  講座内容

 ■事業活動に照らし合わせたISO20000要求事項の解釈とその実現例
    →規格が要求する項目を、イメージしやすい事業活動の事例を
      もとにご説明いたします。

 ■サービスの提供から、サポート業務における実現すべき
   ISO20000の要求事項とその解釈
    →ISO20000のITIL部分の要求事項で、
      実施すべき活動を洗い出してご説明いたします。
     
      内容例:
      ・サービスレベル管理で実現すべき項目
      ・サービスのリスク管理の仕方
      ・構成管理で実現すべき項目

 ■ITサービスマネジメント規格の適合事例
    →ITサービスマネジメント規格の要求事項を、
      どのように適合したかを過去の事例をもとにご説明いたします。

 ■質疑応答

---------------------------------------------------
※個人様、コンサルティング業者様のご参加はご遠慮いただいております。
※応募が多数の場合は、抽選とさせていただきます。
※お申し込み後のキャンセルはご遠慮ください。
※後日ご請求書を郵送させていただきます。
 受講料のご入金は、6月22日(木)までにお願いします。

関連情報へのリンク »

株式会社JMCリスクソリューションズの関連情報

株式会社JMCリスクソリューションズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR