日本版SOX法セミナー ~「動き始めた内部統制プロジェクト・・・本当に動けていますか?」~

株式会社アセンディア 2007年04月23日

開催場所: 東京

開催日:  2007年4月26日

申込締切日: 2007年4月25日

早くは2008年04月(2009年3月期)の適用開始を控えて、日本版SOX法への対応の負担と難しさが、ますます現実的なものとして認識されております。

本セミナーでは、内部統制構築の実務従事者の生の視点、並びにそれをサポートするコンサルタントの視点に加えて、文書化ツールの役立ちという視点を加えることによって、取組のポイントやヒントを濃縮してお伝えします。

まだ取り組みを始めておられない企業、プロジェクトを立ち上げたもののなかなか上手く進んでいない企業におかれるご担当者様には必見の内容となっております。

なお、本セミナーは、株式会社チェンジビジョン様のご協力を得て開催させて頂きます。株式会社チェンジビジョン様には日本版SOXにおける文書化のポイントについて、文書化ツールの役立ちの観点からご講演頂きます。


◇スケジュール

13:30 ~ 開場

14:00 ~ 14:15 冒頭ご挨拶「主催者代表挨拶(経営革新のための内部統制)」
 株式会社アセンディア
 代表取締役社長 酒井 秀夫

14:15 ~ 15:15 第一部 滞っている内部統制プロジェクトの改善
 株式会社アセンディア 経営企画室 兼
 フューチャーアーキテクト株式会社 内部統制室 ディレクター
 山本 彰祐


○日本版SOX法の概要
日本版SOX法の概要/内部統制とは何か/日本版SOX法の適用対象とスケジュール
○日本版SOX法の効率的な実務
対応プロジェクトのプランニング/3点セット文書化の実務のコツ/運用テストのコツ
○日本版SOX法対応プロジェクトをうまく進めるコツ
目的と範囲を明確に/各企業でプロジェクトが止まる要因と解決策

15:15 ~15:30
休憩

15:30 ~ 16:00 第二部 ERPパッケージによる内部統制対応について
 株式会社ワイズウェア
 代表取締役社長 森高 弘純


○内部統制におけるERPの応用範囲
○適正な財務報告書を作成するプロセスとERPの機能
○基幹統合システム導入の実際
○NewRRRの紹介

16:00 ~ 16:30 第三部 J-SOXにおける文書化のポイント
 株式会社チェンジビジョン 
 取締役 セールスマーケティング部長 熊谷 恒治


○内部統制プロジェクトの文書化で必要な基本知識、特に業務フロー作成において考慮すべきポイントを、統制文書作成ツールのJUDE/Bizを用いて解説します。

※セミナー内容は、若干変更する場合がございます。その際はご容赦下さい。

関連情報へのリンク »

株式会社アセンディアの関連情報

株式会社アセンディア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?