FeliCaアプリケーション活用サービス ~FeliCaポケットの目指すビジネスモデル~

社団法人日本印刷技術協会 2008年05月22日

開催場所: 東京

開催日:  2008年5月22日

申込締切日: 1970年1月1日

■趣旨
FeliCaは、非接触型ICカードのための通信技術として開発され、リーダ・ライタからキャリアを送信して電磁誘導によりICカードに電力を供給し、リーダ・ライタとカード間で通信を行うことができます。現在こうした機能を活用した各種アプリケーションが開発されています。そうした中で、フェリカポケットマーケティング(株)が展開する「FeliCaポケット」が注目されている。「FeliCaポケット」は、スタンプラリー、クーポン、クローズドマネー、ポイント、会員認証などのロイヤリティプログラムを「早く、安く、簡単に」立ち上げるためのパッケージツールで、すでに数々の導入事例があります。

■講師と内容
●フェリカポケットマーケティング株式会社
 取締役 植田 龍志 氏
 (14:00-14:50)

1.フェリカポケットマーケティング株式会社について
 設立:2008年1月 出資会社:ソニー、ぐるなび、大日本印刷、三井物産、丹青社
 事業内容:フェリカポケットを通じての各種マーケティング支援活動

2.Felicaの広がり、新しい展開
<主な特徴>
「1枚のカードに複数のサービスが搭載可能」、「カード発行後も端末にタッチするだけで自由にサービスの追加・削除が可能」「パッケージソリューションのため早く、安く、簡単に導入可能」など

<主な事例>
「宮崎「CHORUCA」プロジェクト、ハワイワイキキトロリーバス、(株)デジタルチェック、日本フットサルリーグ、大阪ヴェッサ、(株)ファーストオンステージ、大阪市交通局、神姫バス(株)、四国中央市地域自動見守りシステム、その他ショッピングモール、地域振興・観光活性化プロジェクト、スポーツ、劇場、遊園地テーマパーク など

●フェリカポケットマーケティング株式会社 企画室
  アシスタントマネージャー 占部 敬子 氏
 (15:00-15:50)

3.Felicaポケットの事例
<主な内容>
導入事例とその分析~春のみやざき「CHORUCA」プロジェクトの採用モデルと分析。その他事例の紹介

※内容は変更することがございます。あしからずご了承ください。

■会場
社団法人日本印刷技術協会 アネックス3階研修室
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

■開催日時
2008年5月22日(木)
14:00-16:00(受付開始:13:30より)

関連情報へのリンク »

社団法人日本印刷技術協会の関連情報

社団法人日本印刷技術協会

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!