他社はどう取り組んでるの?”職場復帰支援やメンタルヘルス不全の早期発見・未然防止”について他社と情報交換できるワークショップ

株式会社ナレッジサイン 2008年12月15日

開催場所: 東京

開催日:  2009年1月27日

申込締切日: 2009年1月26日

 現在、多くの企業で、うつ病の増加など、従業員のメンタルヘルス対策が急務の課題となっております。そこで、「他社ではメンタルヘルス対策にどのように取り組んでいるのか」「その取組みの結果、どのような成果が得られたのか」など、「心の病」のケア、予防の事例を、ご参加者の間で直接共有していただく研究会を開催いたします。

 日立システムアンドサービスでは、企業の労務管理リーダーたちが、現場の課題を解決するための事例、ナレッジを共有し合う場として、『人事/労務管理リーダーのためのヒューマンキャピタル研究会』を継続して開催しておりますが、本研究会でメンタルヘルス対策をテーマとして取り上げるのは、今回が2度目となります。

 12月5日に実施しました第4回の研究会では、メンタルヘルス対策について一次予防から三次予防まで幅広く議論され、多くのナレッジが得られました。その中で、職場復帰支援の現場では、再発率の高さや復帰後も本来のパフォーマンスが戻らないなど、さまざまな現実や壁があることもわかりました。
 
 今回の研究会では、職場復帰支援の現実的な問題、および、メンタルヘルス不全の早期発見・未然防止について議論したいと思います。
 休職が長期化してきた場合、休職制度の範囲内でどう対処していくか、また、職場復帰後の人事待遇・キャリア支援、パフォーマンスの改善など、職場復帰支援の現場で直面する課題について各社はどのように取り組んでいるのか。
 一方、メンタルヘルス不全が発症してしまった従業員を早期に発見し、早期に治療を施す、あるいは発症寸前の状態を機敏にとらえ、長期休職者となる前に食い止める水際での防止が有効に機能するのか。

 これらの課題について、参加各社の人事/労務管理リーダーの最新ナレッジを共有したいと思います。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


日立システムアンドサービス Presents
『メンタルヘルス対策 PART2』
職場復帰支援における人事を悩ます困難な現実と
メンタルヘルス不全未然防止の有効性について議論する
人事/労務管理リーダーのための「ヒューマンキャピタル研究会」Vol.5

■開催日 2009年1月27日(火) 
■時間 15:00~17:30 (受付 14:30~)  
■主催 株式会社日立システムアンドサービス
■運営事務局 株式会社ナレッジサイン
■場所 日立システムアンドサービス本社 
    東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル 20F
■参加費用 無料
■対象 人事/労務管理部門のリーダー、マネージャーの方
■定員 10名  
■内容 ファシリテーターの進行によるフリー・ディスカッション形式
■司会・進行  株式会社ナレッジサイン 代表取締役 吉岡英幸
■問合せ先 株式会社ナレッジサイン ワークショップ事務局 Tel : 03-3555-6901

関連情報へのリンク »

株式会社ナレッジサインの関連情報

株式会社ナレッジサイン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!