編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

不況に打ち勝つヒントが満載!! 現場の必達意識向上と利益体質を実現するプロジェクト管理と業績管理 ~工事進行基準時代に求められる次世代経営管理手法とは?~

2009-02-10

開催場所: 東京

開催日:  2009-03-10

申込締切日: 1970-1-1

工事進行基準への対応が真に求めているのは、「先を読む経営管理」への転換です。

本セミナー第1部では、工事進行基準が求められたそもそもの背景を紐解き、あるべき経営管理の姿である「予測 (フォーキャスティング)に基づく仮説検証モデル」への転換の必要性を工事進行基準の運用における留意点にも触れてご説明いたします。

第2部では、先を読む経営管理を実現する具体的な業務フローや経営管理手法に焦点をあて、ポイントとなるプロジェクト収支管理と業績予測管理手法をご紹介。
弊社より3月末にリリースいたしますプロジェクト原価管理システム『eMplex PBM』の工事進行基バージョンのデモンストレーションと進行基準を踏まえたワークフローもあわせてご説明いたします。

業績達成のために必須条件となる正確な業績予測は、現場の採算意識を高め、利益体質を実現します。
厳しい市況の今こそ足元を見つめ直し、経営管理基盤を再構築するチャンスです。
当日は事例を中心に実際の運用ノウハウや弊社での活用事例も交え、具体的にご紹介させていただきます。

皆様のお越しをお待ちしております。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]